コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御坊市 ごぼう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御坊〔市〕
ごぼう

和歌山県西部,太平洋にのぞむ市。 1954年御坊町と湯川,藤田,野口,名田,塩屋の5村が合体して市制。中心市街地の御坊は日高川河口部に位置し,古くから熊野街道の渡津宿場町として,天文9 (1540) 年本願寺別院が建てられてからはその門前町として発達。別院は日高御坊と呼ばれ,市名の由来となった。江戸時代には日高港が廻船の寄港地となったため廻船問屋も立地,日高川の水運と沿岸の廻船を結ぶ港としても栄えた。日高川上流域で産する木材の集散地で,製材・製紙業が盛んであったが,紀勢線の開通やトラック輸送の発達により輸送路が変り,現在は化学,紡織などの工場が進出。農村部では米作,花卉栽培などのほかサヤエンドウを特産。塩屋浜一帯の海岸は煙樹海岸県立自然公園に属する。御坊駅で JR紀勢本線と紀州鉄道が分岐,国道 42号線,425号線が通じる。面積 43.91km2。人口 2万4801(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

御坊市

人口約2万4500人。和歌山県の中央部に近く2級河川の日高川河口に市街地が広がる。市名は「御坊様」と呼ばれた浄土真宗本願寺派の日高別院に由来。温暖な気候をいかした花卉(かき)類の出荷量は全国有数。

(2016-05-12 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごぼう‐し〔ゴバウ‐〕【御坊市】

御坊

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

御坊市の関連キーワード南海トラフ地震による津波被害の新想定和歌山県御坊市塩屋町北塩屋和歌山県御坊市湯川町小松原和歌山県御坊市塩屋町南塩屋和歌山県御坊市藤田町藤井和歌山県御坊市藤田町吉田和歌山県御坊市湯川町財部和歌山県御坊市湯川町富安和歌山県御坊市名田町野島和歌山県御坊市名田町上野和歌山県御坊市湯川町丸山和歌山県御坊市名田町楠井和歌山県御坊市明神川和歌山県御坊市名屋町和歌山県御坊市御坊和歌山県御坊市岩内和歌山県御坊市名屋和歌山県御坊市野口和歌山県御坊市荊木和歌山県御坊市熊野

御坊市の関連情報