コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

危険半円 キケンハンエン

デジタル大辞泉の解説

きけん‐はんえん〔‐ハンヱン〕【危険半円】

熱帯低気圧の経路に沿って、北半球では進行方向の右側、南半球では左側の半円。可航半円よりも風が強く、船は低気圧の前方に流されるので危険。→可航半円

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きけんはんえん【危険半円 dangerous semicircle】

台風などの熱帯低気圧の進行方向の右側(南半球では左側)の半円(領域)を呼んだ。進行方向と風の方向が重なって風が強く,また船舶などは台風の前方に流されて中心に接近しやすくなり,しかも長く暴風にさらされる。反対側は可航半円navigable semicircleと呼んだ。【近藤 洋輝】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

危険半円
きけんはんえん

北半球では、台風や発達した低気圧の進行方向に対して右側の半円(南半球では左側)のこと。中心に吹き込む風と、台風や発達した低気圧自身の動きによる風が相互に加えられるため風がとくに強くなり、航海には危険なのでこのようによばれる。危険半円にいる船舶が避難のため中心から遠ざかろうとするときには、向かい風を受けることになるので、向かい風半円ともよばれる。このため危険半円からの脱出には(帆船の場合はとくに)困難が伴う。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の危険半円の言及

【台風】より

…強い台風では50m/sをこえることも多い。移動している台風では,進行方向に向かって台風中心の右側の方が左側より風が強い(右側を危険半円,左側を可航半円と呼ぶこともあった)。移動速度が大きいほど左右の非対称は大きくなる。…

※「危険半円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

危険半円の関連キーワード伊勢湾台風

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android