コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

卵生神話 らんせいしんわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

卵生神話
らんせいしんわ

神話学の用語。宇宙 (天地) 創成神話のうち,宇宙の初めをであるとする神話の総称。物語には多くの変化があるが,宇宙全体が胚種の形で卵に宿っているとか,男女両性原理が未分化のままで卵の中にあり,時がくればこの卵が割れてそこから万物が生れ出るという点が共通している。日本,中国,インド,インドネシアポリネシアアフリカなどに広く分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

卵生神話
らんせいしんわ

ある人物が卵から生まれたという筋(すじ)をもつ神話。その多くは、王家や支配者の家の祖先である英雄の出自伝承となっている。卵から宇宙、天地が生じるという「宇宙卵」の観想は、インドの『ベーダ』やギリシアのオルフェウスの賛歌、エジプト、フィンランド、中国などにもみえるが、族祖や王族の始祖の伝承に超自然的な卵生が伝わっているのは、台湾、ビルマ(ミャンマー)、インドのアッサム、フィリピン、セレベス、ボルネオ、フィジーなど、主として南アジアからインドネシアにかけてである。『三国史記』や『三国遺事(いじ)』で、高句麗(こうくり)、新羅(しらぎ)、伽羅(から)などの古朝鮮の王朝の始祖伝承に卵生神話が盛んにみえるが、このことはほかの民族の始祖伝承が主として南方系伝承であることと関連させて、その系統づけに示唆を与えるものである。高句麗の始祖伝承では、その建国の始祖王朱蒙(しゅもう)の母柳花(りゅうか)が日光に体を照らされて大きな卵を生み、その卵がかえって朱蒙が生まれたと伝える。また新羅王家の朴(ぼく)氏の祖赫居世(かくきょせい)や、同じく金氏の祖閼智(えんち)、金官伽羅国の王氏の祖首露(しゅろ)王など、いずれも山上や叢林(そうりん)に天降(あまくだ)ってきた卵から生まれており、新羅王家の昔(せき)氏の祖脱解(だっかい)も、母から卵の形で生まれて箱舟に入れられ流されている。
 卵生神話は、東南アジアでもしばしば王家と結び付く。ビルマのパラウン人の伝承に、童女が日の御子(みこ)スリヤと契って卵を生むが、それから生まれた子がパガーン王家の祖となっている。しかし日本の古典では卵生神話はまれで、『日本霊異記(にほんりょういき)』や『海道記(かいどうき)』などに散見するのみである。[松前 健]
『『三品彰英論文集・神話と文化史』(1971・平凡社) ▽谷川健一著『古代史ノート』(1975・大和書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の卵生神話の言及

【宇宙】より

…この神は赤い土,あるいは自身の背中から人間を創造した。このマンガイアの宇宙像は,ポリネシアや新旧両大陸の古代文明地域に広く分布している卵生神話と密接な関係があり,ここでは卵の殻のかわりにヤシの実になっている。天や地などの宇宙の構成部分はしばしば擬人化されている。…

【卵】より

…したがって,卵を隠喩とした宇宙開闢(かいびやく)論の影響は近世にまで及んでいる。これら卵生神話の例はおびただしいが,ギリシア神話には,豊饒(ほうじよう)の女神エウリュノメEurynomēが巨蛇の姿をとる神オフィオンOphiōnに犯され,ハトに身を変えて宇宙卵を産んだ話がある。この卵は後に巨蛇に抱かれ,そこから秩序宇宙(コスモス)が孵化したという。…

※「卵生神話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

卵生神話の関連キーワードオルフェウス教卵(たまご)神話学天日矛朱蒙

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android