コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須田町 すだちょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須田町
すだちょう

東京都千代田区北東部の地区。正式には神田(かんだ)須田町という。神田川右岸の低地にあり、かつて水田が多かったことが田のつく地名に関係あるという。江戸時代、柳原(やなぎわら)土手に古着市が立ち、その伝統を受けて現在も繊維関係の問屋が多い。東京メトロ銀座線の通る中央通りと都営地下鉄新宿線の通る靖国(やすくに)通りが交差する。北端に旧万世橋(まんせいばし)駅跡を利用した交通博物館があったが、2006年(平成18)5月に老朽化のため閉館した。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

須田町の関連キーワードメグロ号 Z97型 オウエルシアホールディングスアルバイトタイムス日本ロジステックハーバー研究所高畠 達四郎信越ポリマー田辺 機一広瀬 武夫交通博物館田辺 永湖ハル研究所日本ガイシ横山 フク目紛しい山村雅昭安土城跡日新興業橘 右近アテイン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

須田町の関連情報