コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子単位系 げんしたんいけいsystem of atomic units

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子単位系
げんしたんいけい
system of atomic units

基礎物理定数の電気素量e,電子の静止質量 me,ディラック定数ℏ(h/2π,hプランク定数)を基本単位とする単位系で,原子物理学で用いられる。この単位系では,長さの単位はボーア半径,エネルギーの単位は 2倍のリュードベリ(27.2eV)などとなる。共通の記号は AUである。この単位系は,1927年に D.R.ハートリーによって提案された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんしたんいけい【原子単位系 atomic system of units】

単位系の一種で,原子の規模での物理現象を量的に表現するのに用いられる。基本量として質量,電荷および作用の三つを選び,それぞれの単位を,次に示す基礎物理定数に等しいものと定義する。 質量の単位――電子の静止質量me 電荷の単位――電子の電荷e 作用の単位――プランク定数÷2π=ħこれらの定数の値(1980)を国際単位系の単位で表すと, me=9.109534×10-31kg e=1.6021892×10-19C ħ=1.0545887×10-34J・sとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんしたんいけい【原子単位系】

原子や分子の規模で諸量を理論的に扱う時に用いられる単位系。この単位系では、例えば長さの単位としてボーア半径(約 5.29×10-11m)をとる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

原子単位系の関連キーワードディラック定数普遍定数分子