コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原子単位系 げんしたんいけい system of atomic units

3件 の用語解説(原子単位系の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原子単位系
げんしたんいけい
system of atomic units

基礎物理定数の電気素量e,電子の静止質量 me,ディラック定数ℏ(h/2π,hプランク定数)を基本単位とする単位系で,原子物理学で用いられる。この単位系では,長さの単位はボーア半径エネルギーの単位は 2倍のリュードベリ(27.2eV)などとなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんしたんいけい【原子単位系 atomic system of units】

単位系の一種で,原子の規模での物理現象を量的に表現するのに用いられる。基本量として質量,電荷および作用の三つを選び,それぞれの単位を,次に示す基礎物理定数に等しいものと定義する。 質量の単位――電子の静止質量me 電荷の単位――電子の電荷e 作用の単位――プランク定数÷2π=ħこれらの定数の値(1980)を国際単位系の単位で表すと, me=9.109534×10-31kg e=1.6021892×10-19C ħ=1.0545887×10-34J・sとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げんしたんいけい【原子単位系】

原子や分子の規模で諸量を理論的に扱う時に用いられる単位系。この単位系では、例えば長さの単位としてボーア半径(約 5.29×10-11m)をとる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子単位系の関連キーワードウェーバガウス単位系重力単位系絶対単位系モル海洋物理学量子物理学ハートリーの単位系バーロウの規則ヘヴィサイド‐ローレンツの単位系

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone