コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原理運動 ゲンリウンドウ

3件 の用語解説(原理運動の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんり‐うんどう【原理運動】

1954年、キリストの再臨と称する韓国の文鮮明が起こした世界基督教統一神霊教会(統一教会)の布教活動。1960年代に日本にも伝わった。
[補説]同組織は現在、名称を「世界平和統一家庭連合」と変更している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんりうんどう【原理運動】

1954年韓国人文鮮明(1920‐ 。レバレンド・ムーンとも称す)によって創立された世界基督教統一神霊協会(略称,統一教会。本部ソウル)の布教活動。その教えは,宇宙の根本原理たる神の実在を知り,その原理を解明することによって,全宗教を統一し,地上に平和な世界を建設できるとする。59年に日本統一教会が創立され,以後,高校生大学生を中心に原理運動行われる。統一教会の研修組織体が原理研究会で,その研修は合宿生活を通じて行われることから,家庭に帰らぬ者が増大し,62年〈原理運動対策父母の会〉が,75年〈原理運動被害者父母の会〉が発足するなど社会問題となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原理運動
げんりうんどう

韓国人の文鮮明(ぶんせんめい/ムンソンミョン)(1920―2012)が1954年にソウルで創始した新宗教である世界基督(キリスト)教統一神霊協会Unification Churchの布教活動のこと。統一運動ともよばれる。文は自ら「キリストの再臨」であり「全人類の父」と称し、宇宙の根本原理である神は一つであり、この原理を説くことで全宗教を統一し、平和な世界を建設することができるという。1971年以降、本部をアメリカ合衆国に置き、アメリカ、韓国、日本を中心に約600の教会と300万人以上の信者をもつと称する。日本では1964年(昭和39)に東京都から宗教法人として認証されたが、とくに1970年代から一部の青少年の間に熱心な信者を獲得した。彼らは家庭を捨て、合宿して統一原理の研究を行ったので、家族との対立を招き、社会問題となったこともある。1975年以後、ソウルやニューヨークで2000組余りの男女の集団結婚式を行うなど、話題をまいた。またその教えには反共産主義の色彩が強く、別組織の友好団体である国際勝共連合などを通じての宣伝を行うかたわら、出版・新聞などのメディアによる言論活動を活発に進めてきた。[田丸徳善]
『井上順孝・孝本貢ほか編『新宗教事典』(1989・弘文堂) ▽有田芳生著『統一教会とは何か――追いこまれた原理運動』(1992・教育史料出版会) ▽井上順孝・孝本貢ほか編『新宗教教団・人物事典』(1996・弘文堂) ▽井上順孝著『新宗教の解読』(ちくま学芸文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原理運動の関連キーワード世界基督教統一神霊協会蔚山人文人文科鮮明不鮮明外国人登録者数韓国人人質事件の経過

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone