コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原羊遊斎 はらようゆうさい

4件 の用語解説(原羊遊斎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

原羊遊斎【はらようゆうさい】

江戸時代後期の蒔絵(まきえ)師。神田に住み,俗称粂次郎,号は更山。光琳風の蒔絵をよくし,酒井抱一の下絵を用いた。江戸趣味を表した印籠などの小品が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原羊遊斎 はら-ようゆうさい

1769-1846* 江戸時代後期の蒔絵(まきえ)師。
明和6年生まれ。江戸神田にすみ,琳派(りんぱ)風の装飾的な意匠と精細な表現で名工と称せられた。門弟に中山胡民がいる。弘化(こうか)2年12月25日死去。77歳。江戸出身。通称は久米次郎。別号に更山。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

原羊遊斎

没年:弘化2.12.25(1846.1.22)
生年:明和6(1769)
江戸後期の蒔絵師。江戸神田に住み,通称は久米次郎,更山と号する。その詳しい事績は伝わっていないが,『蒔絵師伝』の記事などによれば,羊遊斎の立場は一個の蒔絵師というよりも工房の主催者に近いものであったらしく,常に権門勢家出入りし,中山胡民をはじめとする多くの門人を擁して蒔絵作品の制作に当たったという。酒井抱一,鷹見泉石,谷文晁,大田蜀山人,7代目市川団十郎など,当時一流の文化人との交流も,その外向的な性格を物語るものといえよう。羊遊斎,あるいはその一派の作風は,琳派風の装飾性豊かな意匠を,薄肉高蒔絵を基調にした伝統的な蒔絵技法で描き出したもので,その精細かつ華やかな表現は,江戸後期の多彩な蒔絵のなかでも際だって目をひく存在となっている。なお,今日,羊遊斎作と称する作品は,酒井抱一が下絵を描いたとされるものも含めて数多く巷間に伝わっており,いずれも「羊」「羊遊斎」「羊遊斎作」などの銘が記されている。それらの真偽の程は決し難いが,「行年六十一歳/羊遊斎」の箱書を持つ「片輪車蒔絵大棗」(静嘉堂文庫蔵),覆紙の注記から文政4(1821)年の制作と推定される「蔓梅擬目白蒔絵軸盆」(江戸東京博物館蔵)などを一応の基準作とみることができよう。<参考文献>『工芸鏡』

(小松大秀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はらようゆうさい【原羊遊斎】

1769‐1845(明和6‐弘化2)
江戸時代後期の蒔絵師。通称久米二郎,別号更山。文化・文政年間(1804‐30)ころ江戸神田下田新道に住し,蒔絵の名工として古満寛哉(こまかんさい)と並び称せられた。琳派の画家酒井抱一の下絵で製作することが多く,江戸趣味をあらわした印籠などの小品で知られる。門弟中山胡民がその技を伝えた。【郷家 忠臣】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の原羊遊斎の言及

【蒔絵】より

…この時代の先鋭化した技術は印籠のような小世界に向けられて活力を得,印籠は江戸後期の蒔絵を代表するものとなった。印籠蒔絵師として塩見政誠,飯塚桃葉,原羊遊斎(1772‐1845)らがおり,小川破笠も特異な作風で名をなした。蒔絵の新しい技法としては,卵殻による表現が注目されよう。…

※「原羊遊斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原羊遊斎の関連情報