コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参宮線 サングウセン

デジタル大辞泉の解説

さんぐう‐せん【参宮線】

紀勢(きせい)本線多気(たき)から伊勢市を経て鳥羽(とば)に至るJR線。明治30~44年(1897~1911)開業。当初は亀山~鳥羽間を運行。昭和34年(1959)紀勢本線の全通に伴い現在の区間に変更。全長29.1キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

参宮線【さんぐうせん】

三重県の多気(たき)〜鳥羽間を走るJR線。営業キロ29.1km。かつては亀山〜鳥羽間であったが,亀山〜多気間は1959年紀勢本線に編入。参宮鉄道により山田(伊勢市)まで建設,1907年国有化,1911年国鉄により鳥羽まで延長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

参宮線

JR東海が運行する鉄道路線。三重県多気郡多気町の多気駅から鳥羽市の鳥羽駅を結ぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

参宮線
さんぐうせん

三重県南部を走る東海旅客鉄道の線路名称。多気(たき)―鳥羽(とば)間29.1キロメートル、全線単線、非電化。沿線には伊勢(いせ)、鳥羽などの都市、伊勢志摩国立公園に含まれる観光地がある。しかし、いまでは並行する近畿日本鉄道が沿線地域の旅客輸送の大部分を取り扱い、存在意義はいささか薄れている。多気―山田(現、伊勢市)間は参宮鉄道により1893年(明治26)および1897年開業、1907年(明治40)国有化、山田―鳥羽間は1911年に開業している。参宮線の線路名称はもとは亀山(かめやま)―鳥羽間をさしたが、1959年(昭和34)紀勢(きせい)本線の全通に伴って、亀山―多気間をこれに編入し、現在の区間に短縮された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東海旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

参宮線の関連情報