コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参宮線 サングウセン

4件 の用語解説(参宮線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんぐう‐せん【参宮線】

紀勢(きせい)本線多気(たき)から伊勢市を経て鳥羽(とば)に至るJR線。明治30~44年(1897~1911)開業。当初は亀山~鳥羽間を運行。昭和34年(1959)紀勢本線の全通に伴い現在の区間に変更。全長29.1キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

参宮線【さんぐうせん】

三重県の多気(たき)〜鳥羽間を走るJR線。営業キロ29.1km。かつては亀山〜鳥羽間であったが,亀山〜多気間は1959年紀勢本線に編入。参宮鉄道により山田(伊勢市)まで建設,1907年国有化,1911年国鉄により鳥羽まで延長。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

参宮線

JR東海が運行する鉄道路線。三重県多気郡多気町の多気駅から鳥羽市の鳥羽駅を結ぶ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

参宮線
さんぐうせん

三重県南部を走る東海旅客鉄道の線路名称。多気(たき)―鳥羽(とば)間29.1キロメートル、全線単線、非電化。沿線には伊勢(いせ)、鳥羽などの都市、伊勢志摩国立公園に含まれる観光地がある。しかし、いまでは並行する近畿日本鉄道が沿線地域の旅客輸送の大部分を取り扱い、存在意義はいささか薄れている。多気―山田(現、伊勢市)間は参宮鉄道により1893年(明治26)および1897年開業、1907年(明治40)国有化、山田―鳥羽間は1911年に開業している。参宮線の線路名称はもとは亀山(かめやま)―鳥羽間をさしたが、1959年(昭和34)紀勢(きせい)本線の全通に伴って、亀山―多気間をこれに編入し、現在の区間に短縮された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東海旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

参宮線の関連キーワード三重県多気郡多気町相可三重県多気郡大台町清滝三重県多気郡大台町神滝三重県多気郡多気町五桂三重県多気郡大台町小滝三重県多気郡多気町多気三重県多気郡三重県多気郡大台町滝広三重県多気郡大台町滝谷三重県鳥羽市鳥羽

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

参宮線の関連情報