コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀勢 きせい

2件 の用語解説(紀勢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀勢
きせい

三重県中南部,大紀町中南部の旧町域。熊野灘に臨む町。 1957年錦町と柏崎村が合体,町制。地名は紀伊錦,伊勢柏崎から1字ずつとった。 2005年大宮町,大内山村と合体して大紀町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀勢
きせい

三重県中南部、度会(わたらい)郡にあった旧町名(紀勢町(ちょう))。現在は大紀(たいき)町の中部を占める地域。旧紀勢町は、1957年(昭和32)北牟婁(きたむろ)郡錦(にしき)町(旧、紀伊国)と度会郡柏崎(かしわざき)村(旧、伊勢(いせ)国)が郡境の錦峠を越えて合併して成立。町名は、紀伊と伊勢の1字ずつをとった。2005年(平成17)大宮町、大内山(おおうちやま)村と合併、大紀町となる。JR紀勢本線、国道42号(熊野街道)、260号が通じる。柏崎地区は大内山川に沿う山村で、林業とシイタケ栽培を主とする。錦地区は熊野灘(なだ)に臨むリアス式海岸の漁村で、ブリ定置網漁業で知られたが、現在はマダイやハマチ養殖が盛んである。また神武(じんむ)天皇上陸の伝説地でもある。錦湾には海水浴場や温水プールなどがある。そのほか、不動滝のある笠木渓谷、1万株の自生ツツジが咲く大平つつじ山などの名所がある。[伊藤達雄]
『『紀勢町史』(2001・紀勢町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀勢の関連キーワード三重県度会郡大紀町阿曽三重県度会郡大紀町打見三重県度会郡大紀町永会三重県度会郡大紀町柏野三重県度会郡大紀町崎三重県度会郡大紀町滝原三重県度会郡大紀町錦三重県度会郡大紀町野添三重県度会郡大紀町船木三重県度会郡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紀勢の関連情報