古物営業法(読み)コブツエイギョウホウ

百科事典マイペディアの解説

古物営業法【こぶつえいぎょうほう】

古物商(古本屋,古道具屋など)の営業に対して,警察取締りの見地に基づき,規制を加える法律(1949年公布)。古物商都道府県公安委員会の許可制とし,盗品および遺失物の発見のための措置,警察官の立入調査などに関する規定がある。1995年改正により,古物の対象に商品券,乗車券などチケット類がつけ加えられた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こぶつえいぎょうほう【古物営業法】

警察上または犯罪捜査上の目的のために、古物商の営業について規制を加える法律。1949年(昭和24)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の古物営業法の言及

【古物商】より

…たとえば古本屋,古道具屋などである。古物営業法(1949公布)の適用をうけ,営業所ごとに取扱古物の種類(美術品類,衣類,時計・宝飾品類,自動車,自転車類,写真機類,ミシン,事務機類,機械工具類,道具類,皮革・ゴム製品類,書籍)を定めて,都道府県公安委員会の許可をうけなければならない。古物商が善意で盗品や遺失物を買ったり交換したりした場合でも,被害者や遺失者は無償でその品の返却を求めることができる(盗難・遺失時より1年以内)。…

【古本屋】より

…日本の神田神保町のような古本屋街は世界に類のないものといえよう。
[法律]
 古本屋は古物営業法によって規制されている許可営業で,古物営業法第2条に〈古物商になろうとする者は,総理庁令の定めるところにより,営業所ごとに,その取り扱おうとする古物の種類を定めて,営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会の許可を受けなければならない〉とある。まず警察で手続をして公安委員会発行の古物商許可証を受けると営業することはできるが,さらに古書組合に加入しなければ市場を利用することができない。…

※「古物営業法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古物営業法の関連情報