コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古武弥四郎 コタケヤシロウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古武弥四郎 こたけ-やしろう

1879-1968 明治-昭和時代の生化学者。
明治12年7月2日生まれ。大阪帝大教授,同医学部長などを歴任。のち和歌山県立医大初代学長。アミノ酸,とくにトリプトファンの中間代謝の研究で知られ,昭和5年その代謝中間体キヌレニンを発見。8年学士院東宮御成婚記念賞。36年文化功労者。昭和43年5月30日死去。88歳。岡山県出身。大阪府立医学校(現阪大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こたけやしろう【古武弥四郎】

1879~1968) 生化学者。岡山県生まれ。大阪大教授。アミノ酸代謝、特にトリプトファン代謝の研究で中間代謝産物であるキヌレニンを発見。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古武弥四郎の関連キーワード荒木寅三郎古武弥正市原 硬昭和時代明治

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android