コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枚乗 ばいじょうMei Cheng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枚乗
ばいじょう
Mei Cheng

[生]?
[没]建元1(前140)
中国,前漢の文人。字,叔。淮陰 (江蘇省) の人。初め呉王劉ひ (りゅうひ) に仕え,その叛意をいさめたがいれられなかった。晩年は郷里に隠棲。のち武帝に招かれ長安へ向う途中病死した。美文家として有名で,梁の孝王のサロンで活躍し,その代表作の,問答体で7段の構成をもつ『七発』は,のち『七啓』『七命』などの模倣作を生むことによって「 (しち) 」という新形式を開くとともに,抒情的な楚辞から,叙事的で華美な漢代のへの転換のさきがけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばいじょう【枚乗 Méi Chéng】

?‐前140
中国,前漢の文人。〈まいじょう〉とも読む。字は叔。淮陰(わいいん)(江蘇省)の人。景帝のとき,呉王濞(ひ)に仕えたが,王に反乱の志のあることを知って呉を去り,梁の孝王のもとに走った。前漢の代表的な美文の名手で,〈七発〉は特に有名。《楚辞》の系統をひく韻文と散文の中間的な様式で,のちの司馬相如(しばしようじよ)らの漢賦に多大の影響を及ぼした。晩年,武帝に召し出されて朝廷におもむく途中で病死した。【興膳 宏】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

枚乗
ばいじょう
(?―前140?)

中国、漢の文人。字(あざな)は叔(しゅく)。淮陰(わいいん)(江蘇(こうそ)省)の人。初め呉(ご)(ひ)に仕えて郎中(ろうちゅう)となったが、呉王の謀反の計画を知り、諫(いさ)めたが聞かれず、梁(りょう)に行き孝王に仕えた。呉楚(そ)七国の乱ののち、景帝に召されて弘農尉(こうのうい)となったが、病を理由に辞してふたたび梁に行き、孝王のサロンに集まる鄒陽(すうよう)、司馬相如(しばしょうじょ)らと交わった。晩年、武帝に召され都に赴く途中で没した。美文の名手で、孝王の太子を啓発するためにつくられた「七発(しちはつ)」はのちに「七」とよばれる賦(ふ)の新形式をつくったもので、同時代および後世の辞賦に大きな影響を与えた。[根岸政子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の枚乗の言及

【古詩】より

…五言詩草創期のすぐれた成果を示すものである。《玉台新詠》がそのうちの9首を前漢の枚乗(ばいじよう)の作として収めるのは,偽託として退けられるべきである。19首の内容は,おおむね人生に対するさまざまな不安と懐疑の告白であり,全体に沈鬱な悲哀の情緒が色濃くただよっている。…

【枚乗】より

…中国,前漢の文人。〈まいじょう〉とも読む。字は叔。淮陰(わいいん)(江蘇省)の人。景帝のとき,呉王濞(ひ)に仕えたが,王に反乱の志のあることを知って呉を去り,梁の孝王のもとに走った。前漢の代表的な美文の名手で,〈七発〉は特に有名。《楚辞》の系統をひく韻文と散文の中間的な様式で,のちの司馬相如(しばしようじよ)らの漢賦に多大の影響を及ぼした。晩年,武帝に召し出されて朝廷におもむく途中で病死した。【興膳 宏】…

※「枚乗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

枚乗の関連キーワードトヨダトラックG1型雨垂れ石を穿つ間髪を容れず古詩十九首掌を反す代表作反掌郷里隠棲叛意長安

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android