コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

可照時間 かしょうじかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

可照時間
かしょうじかん

天文学的な可照時間は,太陽の中心が地平線上を通過した時刻から太陽の中心が西の地平線上に達した時刻までをさす。一般には,日の出から日の入りまでの時間。山岳や障害となる地物による時間の補正は行なわないため,この時間は緯度と季節(日)によって決まる。単位は時で表し,10分の位まで示す。これに則して,実際に太陽が地上のある地点を雲などにさえぎられず 0.12kW/m2以上で照らした時間を日照時間という。(→日照

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かしょう‐じかん〔カセウ‐〕【可照時間】

ある地点において、太陽の中心が東の地平線に現れてから、西の地平線に没するまでの時間。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かしょうじかん【可照時間】

太陽の中心が東の地平線に現れてから西の地平線に没するまでの時間。普通、緯度と季節によって決まった値をとる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

可照時間
かしょうじかん

太陽の中心が地平線に現れてから地平線に没するまでの時間。その地点の緯度と季節によって決まる。地形の影響は考えない。いうまでもなく低緯度では長く、高緯度では短い。また夏は長く、冬は短い。たとえば、東京(緯度35度41分)では1月1日には9.7時間、7月1日には14.5時間である。実際の日照時間を可照時間で割ったものを%で表し、日照率とよぶ。雲や建造物などによる日照時間の減り方を知る目安となる。[大田正次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の可照時間の言及

【日照】より

…日照時間は雲の状態などの天気に左右されるほか,山岳地形の影響や季節と緯度による日射の変化などにも関係する。水平線を基準にした日の出から日没までの時間をその日の可照時間といい,可照時間に対する日照時間の比を日照率という。日照率はほぼ天候の影響だけを表すものとみてよい。…

※「可照時間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android