コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合同法 ごうどうほうAct of Union

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

合同法
ごうどうほう
Act of Union

1707年5月1日に発効した,グレート・ブリテン王国という名称でイングランドスコットランド合同が成立した条約。1603年以来,イングランドスコットランドは同じ君主のもとで統治されていたが,1688~89年の名誉革命ののち,より緊密な連合を目指して頓挫し,1703~04年には両国の議会は険悪な対立にいたった。しかし双方の政治家たちは,両国合同の具現化こそが,にわかに緊急性を帯びた問題の解決策であることを認識し始めていた。その問題とは,スコットランドにとっては経済的保障と物質的支援の必要性であり,イングランドにとってはフランスからの攻撃やジャコバイトによるジェームズ2世復位の画策への政治的な予防措置の必要性であった。イングランド側の交渉上のカードは交易の自由であり,スコットランド側のカードはハノーバー家(→ハノーバー朝)による王位継承の黙諾であった。いずれも合同を協議する委員たちに受け入れられ,1706年7月合意に達した。両王国は統合されることになり,プロテスタントの君主による王位継承や,グレート・ブリテンおよびその領土の全域で対等な交易の自由,課税統一などが決まった。スコットランドの法律と裁判所は維持されることになったが,統合された議会では,スコットランドは庶民院(下院)45議席と貴族院(上院)16議席しか与えられなかった。また条約に付属した法律で,長老派スコットランド教会と監督派のアングリカン・チャーチはこれを変えないことが定められた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

合同法の関連キーワードグレート・ブリテン・アンド・アイルランド連合王国スコットランド独立運動アイルランド合同アイルランド反乱日本製鉄[株]アイルランド史ピット(小)大隅 健一郎クレア(伯)関東大震災大隅健一郎オコンナーダブリン

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android