コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備泉 きびの いずみ

2件 の用語解説(吉備泉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉備泉 きびの-いずみ

743-814 奈良-平安時代前期の公卿(くぎょう)。
天平(てんぴょう)15年生まれ。吉備真備(まきび)の子。大学頭(かみ),造東大寺長官ののち伊予守(いよのかみ)となって赴任したが,部下に告訴され,その取調官に不敬をはたらいて佐渡権守(ごんのかみ)に左遷。ゆるされて大同(だいどう)元年准参議,のち参議となった。弘仁(こうにん)5年閏(うるう)7月8日死去。72歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きびのいずみ【吉備泉】

743‐814(天平15‐弘仁5)
吉備真備(まきび)の子。父と同様,武官と大学寮の学者の官途を立身した。767年(神護景雲1)近衛将監で大学員外助を兼ね,769年左衛士督,770年(宝亀1)大学頭,778年造東大寺長官と順調であったが,桓武天皇には嫌われたのか,782年(延暦1)伊予守に左遷され,ここで下僚と衝突し,告訴されて785年佐渡権守に左降,さらに備中に移され,805年許され入京するまで不遇であった。平城天皇には重用され,観察使,右大弁,左大弁の要職を歴任,正四位上まで昇った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吉備泉の関連キーワード鎮西凌雲集吉備大臣宣教鎮西府吉備由利光意常楼多治比広成藤原今川

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone