吉富[町](読み)よしとみ

百科事典マイペディア「吉富[町]」の解説

吉富[町]【よしとみ】

福岡県東端,築上郡の山国川と佐井川の間の三角州を占め,周防灘(すおうなだ)に臨む。水田が多く,米ほか,北九州市向けの野菜栽培が盛んで,沿岸漁業ノリ養殖も行われる。製薬の大工場がある。5.72km2。6792人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「吉富[町]」の解説

よしとみ【吉富[町]】

福岡県東端,周防灘に面する築上郡の町。人口7223(1995)。西は佐井川をはさんで豊前市に,東は山国川をに大分県中津市に接する。佐井川と山国川の扇状地および三角州上に立地し,自然堤防や砂丘上の畑地のほかはほとんどが水田である。中心は山国川西岸の広津で,日豊本線,国道10号線が通じる。北部海岸の高浜に製薬工場があり,町の基幹産業になっている。また吉富漁港を拠点に小型底引網漁やノリ養殖などの沿岸漁業も行われている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android