コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉岡堅二 よしおか けんじ

4件 の用語解説(吉岡堅二の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉岡堅二

日本画家。東京生。父は日本画家吉岡華堂。野田九浦に師事する。帝展で活躍、特選となる。福田豊四郎・小松均と山樹社、豊四郎・岩橋英遠らと新日本画研究会を、さらに新美術人協会を結成し日本画の革新運動を展開、大胆なフォルムの豪快な作風で画壇に新風を送り込んだ。戦後は、山本丘人上村松篁・豊四郎・高橋周桑らと創造美術を結成、常に新傾向の日本画を追求し続けた。芸術院賞受賞。東京芸大教授。平成2年(1990)歿、83才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吉岡堅二【よしおかけんじ】

日本画家。東京生れ。京華商業中退。野田九浦に師事。1926年帝展に入選。1938年新日本画研究会結成,従軍画家として中国へ渡る。1940年法隆寺壁画模写に従事。
→関連項目岩橋英遠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉岡堅二 よしおか-けんじ

1906-1990 昭和時代の日本画家。
明治39年10月27日生まれ。野田九浦(きゅうほ)に師事し,大正15年帝展に初入選。昭和13年新美術人協会,23年創造美術(現創画会)をおこし,日本画の革新運動を展開した。法隆寺金堂壁画模写などにも従事。東京芸大教授。46年芸術院賞。平成2年7月15日死去。83歳。東京出身。作品に「湿原」「鳥碑」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉岡堅二
よしおかけんじ
(1906―1990)

日本画家。東京に生まれる。1921年(大正10)野田九浦(きゅうほ)に師事し、26年第7回帝展に初入選。以後帝展に出品し、第11回展、第14回展で特選となる。38年(昭和13)新美術人協会結成に参加。41年の第4回新文展で審査員となる。第二次世界大戦後の48年(昭和23)上村松篁(うえむらしょうこう)、山本丘人(きゅうじん)らと創造美術を結成。以後新制作協会を経て、創画会(そうがかい)会員として活躍した。50年に『湿原(しつげん)』で毎日美術賞、71年に『鳥碑(ちょうひ)』で日本芸術院賞を受賞している。59年から69年まで東京芸術大学教授を務め、67年には法隆寺金堂壁画再現模写にも従事した。[二階堂充]
『河北倫明他解説『吉岡堅二画集』(1977・朝日新聞社) ▽田中穣解説『現代日本画全集11 吉岡堅二』(1982・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉岡堅二の関連キーワード河鍋暁翠望月玉渓塩川文鵬中野其玉長谷川玉粹三輪晁久吉岡班嶺川端玉雪国井華堂鬼頭如石

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉岡堅二の関連情報