コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩橋英遠 いわはし えいえん

美術人名辞典の解説

岩橋英遠

日本画家。北海道生。本名は英遠(ひでとお)。山内多門安田靫彦に師事。大自然を主題に雄大な作風を展開する。法隆寺金堂壁画模写に参加した。日本芸術院会員、日本美術院常務理事・評議員。東京芸大名誉教授。芸術選奨文部大臣賞・日本芸術院賞受賞。文化功労者。文化勲章受章。平成11年(1999)歿、96才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

岩橋英遠【いわばしえいえん】

日本画家。北海道生れ。本名英遠(ひでとお)。初め油絵を描いたが日本画に転じ,1924年山内多門に,1945年から安田靫彦に師事。吉岡堅二福田豊四郎らの日本画研究会に入り,のち日本美術院に所属。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩橋英遠 いわはし-えいえん

1903-1999 昭和-平成時代の日本画家。
明治36年1月12日生まれ。昭和9年院展初入選。13年歴程美術協会を結成する。20年安田靫彦(ゆきひこ)に入門。34年院展で「蝕(しょく)」が文部大臣賞。47年「鳴門」で芸術院賞をうけた。43年東京芸大教授。56年芸術院会員。平成6年文化勲章。平成11年7月12日死去。96歳。北海道出身。本名は英遠(ひでとお)。作品に「庭石」「彩雲」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩橋英遠
いわはしえいえん

[生]1903.1.12. 北海道
[没]1999.7.12. 神奈川,相模原
日本画家。本名は英遠 (ひでとお) 。 1917年北辰尋常高等小学校卒業。その後上京して山内多門の門下で学ぶ。 38年歴程美術協会の結成に参画し,福田豊四郎,丸木位里などとともに新しい日本画の創造を目指した。 45年からは安田靫彦に師事し,50年には『明治』を院展に出品して日本美術院賞 (大観賞) を受賞。 54年『庭石 (雪) (雨) (水) (月) 』で芸能選奨文部大臣賞,59年『蝕』で文部大臣賞を受賞。 65年東京芸術大学助教授,68年同教授に就任するかたわら,67年からは法隆寺金堂壁画再現模写に参画した。 72年『鳴門』で日本芸術院賞を受賞。 81年日本芸術院会員。 89年文化功労者。 94年文化勲章を受章。ほかにも代表作『彩雲』 (1979) ,『残照』 (1981) ,『道産子追憶之巻』 (78~82) など,大自然をテーマに前衛的な画風を取入れた風景画を数多く発表している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩橋英遠
いわはしえいえん
(1903―1999)

日本画家。北海道出身。本名英遠(ひでとお)。1924年(大正13)山内多門に師事。34年(昭和9)院展に初入選、37年に日本美術院院友に推挙された。45年(昭和20)に改めて安田靫彦(ゆきひこ)の門に入り、50年、51年と続けて日本美術院賞を受賞、53年同人に推された。自然の壮大な景観や現象を幻想的に表出する画風は独特のもので、59年の院展で文部大臣賞を受けた『蝕(しょく)』をはじめ『神々とファラオ』『暎(えい)』『彩雲』『虹輪』などがよく知られている。58年から70年まで東京芸術大学で教鞭(きょうべん)をとり、72年日本芸術院賞を受賞した。東京芸術大学名誉教授。94年(平成6)文化勲章受章。[原田 実]
『桑原住雄著『現代日本画全集9 岩橋英遠』(1982・集英社) ▽河北倫明監『岩橋英遠画集』(1993・求龍堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岩橋英遠の関連キーワード北海道立近代美術館山岡 良文綿谷行四郎丸木位里

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android