吉本興業(株)(読み)よしもとこうぎょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉本興業(株)
よしもとこうぎょう

上方(かみがた)大衆芸能を主力とした総合娯楽企業。1912年(明治45)吉本吉兵衛とせい夫婦が大阪・天満天神(てんまてんじん)裏で寄席(よせ)経営を開始、翌年吉本興行部を設立。おもな寄席と演芸人を傘下に収め、吉本演芸王国を築き、吉本興業合名会社に改組した1932年(昭和7)には、劇場と寄席は大阪を中心に50を数えた。第二次世界大戦後の1948年(昭和23)株式会社となり、映画部門中心の経営を行ったが、テレビ時代の幕開けとともに、59年に梅田花月(うめだかげつ)劇場を映画館から演芸場に転換、テレビ会社と提携し、劇場から娯楽番組が中継放送されるようになった。その後、京都花月劇場、難波(なんば)花月劇場を開場、一方、レジャーの多様化にあわせて多角経営を展開、西日本最大のボウリング場「ボウル吉本」を1964年に開場した。テレビ会社との業務提携も積極的に行い、テレビの人気者となったタレントを輩出、戦前の演芸王国再現の実績を築いていった。1982年にはタレント養成学校の吉本総合芸能学院(通称NSC)を開校した。東京進出も実現し、劇場の全国展開を目ざしている。2007年持株会社制へ移行。おもな子会社によしもとクリエイティブ・エージェンシー(タレントマネジメント等)、よしもとファンダンゴ(映像コンテンツの製作・販売等)などがある。資本金48億円(2008)、売上高501億円(2008。連結ベース)。[中村青志]
『吉本興業編・刊『吉本八十年の歩み』(1992)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android