コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉田山 よしだやま

5件 の用語解説(吉田山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉田山
よしだやま

別称神楽岡 (かぐらおか) 。京都市左京区南部にある小さな丘陵。標高 103m。古生層を基盤とした洪積層の丘で,西の中腹に吉田神社,西麓に京都大学がある。地名の由来ともなっている吉田神社は毎年2月の節分に多くの参詣客でにぎわう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしだ‐やま【吉田山】

京都市左京区南部にある丘。標高103メートル。西麓に吉田神社がある。神楽岡。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よしだやま【吉田山】

京都市左京区南部にある小丘陵。比叡山地から花折断層によって分離されて孤立した丘で,古生層を基盤とする。標高103m。古くは神楽岡(かぐらおか)とも呼ばれ,一帯は遊猟地であり,また天皇家の陵墓の設けられたところでもあった。西麓には吉田神社があり,その西側一帯には京都大学がある。中央部付近に真如堂などが,南部には金戒(こんかい)光明寺がある。東側は急崖で白川をはさんで鹿ヶ谷(ししがたに)となる。一帯は史跡が多く,また学生の多い住宅地でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よしだやま【吉田山】

京都市左京区南部の小丘。海抜103メートル。麓に京都大学・吉田神社がある。神楽岡かぐらおか

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府〕吉田山(よしだやま)


京都市街地の北東部に位置する小丘陵。標高約125m。市民憩いの散策地として親しまれ、西麓(せいろく)に京都大学と吉田神社がある。やや低まった南東部に浄土(じょうど)宗本山の金戒光明(こんかいこうみょう)寺やその塔頭(たっちゅう)が集まる。古くは神楽岡(かぐらおか)とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吉田山の関連キーワード黒谷京都府京都市左京区頭町京都府京都市左京区黒谷町京都府京都市左京区南禅寺北ノ坊町京都府京都市左京区南禅寺草川町京都府京都市左京区南禅寺下河原町京都府京都市左京区南禅寺南禅寺山町京都府京都市左京区南禅寺風呂山町京都府京都市左京区難波町京都府京都市左京区南門前町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉田山の関連情報