コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吊る/釣る ツル

デジタル大辞泉の解説

つ・る【×吊る/釣る】

[動ラ五(四)]
(「攣る」とも書く)引っ張られた状態になって一方へ寄る。つれる。
㋐筋肉が急に収縮し、痛くて動かせなくなる。ひきつる。「筋が―・る」
㋑物の一方の端が引っ張られたように上へ上がる。つりあがる。「目の―・った人」
㋒引かれて縮む。「縫い目が―・る」

㋐(釣る)魚を釣り針にひっかけてとる。また、それに似たやり方で虫などをとらえる。「カツオを―・る」「トンボを―・る」
㋑(釣る)気を引くようなことをちらつかせて、こちらの思うとおりに相手を動かす。巧みに相手を誘う。「甘い言葉で―・る」「広告で客を―・る」
㋒物の上部を固定して垂れ下げる。上からぶらさげる。また、物の両端を固定して空中にかけ渡す。「棚を―・る」「蚊帳(かや)を―・る」「橋を―・る」
㋓(吊る)首をくくる。縊死(いし)する。「首を―・る」
㋔(吊る)相撲で、両手を相手のまわしにかけて高く持ち上げる。
[可能]つれる
[動ラ下二]つ(吊)れる」の文語形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

吊る/釣るの関連キーワード吊る・釣る・攣る・痙るつるし一回転飛行機キャミソールドレスパネルスクリーンつるし一回転灯台ピクチャーレールオーディトリアムスリングベルトスリングネットつるしふりけんつるしとめけんつるし飛行機スカモルツァシャンデリアサスペンダー吊るし切り吊るし上げつるし灯台吊るしんぼブラインド

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android