コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吊る/釣る ツル

1件 の用語解説(吊る/釣るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つ・る【×吊る/釣る】

[動ラ五(四)]
(「攣る」とも書く)引っ張られた状態になって一方へ寄る。つれる。
㋐筋肉が急に収縮し、痛くて動かせなくなる。ひきつる。「筋が―・る」
㋑物の一方の端が引っ張られたように上へ上がる。つりあがる。「目の―・った人」
㋒引かれて縮む。「縫い目が―・る」

㋐(釣る)魚を釣り針にひっかけてとる。また、それに似たやり方で虫などをとらえる。「カツオを―・る」「トンボを―・る」
㋑(釣る)気を引くようなことをちらつかせて、こちらの思うとおりに相手を動かす。巧みに相手を誘う。「甘い言葉で―・る」「広告で客を―・る」
㋒物の上部を固定して垂れ下げる。上からぶらさげる。また、物の両端を固定して空中にかけ渡す。「棚を―・る」「蚊帳(かや)を―・る」「橋を―・る」
㋓(吊る)首をくくる。縊死(いし)する。「首を―・る」
㋔(吊る)相撲で、両手を相手のまわしにかけて高く持ち上げる。
[可能]つれる
[動ラ下二]つ(吊)れる」の文語形。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone