コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂れる/枝垂れる シダレル

デジタル大辞泉の解説

し‐だ・れる【垂れる/枝垂れる】

[動ラ下一][文]しだ・る[ラ下二]《「しだる」(四段)の下二段化》細い枝などが、長くたれ下がる。
「暗い空に赤い光が柳のように―・れた」〈万太郎露芝

た・れる【垂れる】

[動ラ下一][文]た・る[ラ下二]

㋐ひと続きのものの端が下の方へ低く、力なく下がる。また、一部分が下がった状態で位置する。「電線が―・れる」「雲が低く―・れる」「目じりが―・れている」
㋑水などが何かをつたって少しずつ落ちる。しずくとなって下に落ちる。したたり落ちる。「水が―・れる」「よだれが―・れる」

㋐ひと続きのものの端を下の方へだらりと下げる。たらす。「釣り糸を―・れる」「首を―・れる」
㋑目上の者が目下の者に示したり、与えたりする。「教えを―・れる」「恵みを―・れたもう」
㋒のちのちまで残す。「名を後世に―・れる」
㋓(「放れる」とも書く)大小便や屁(へ)などをする。排泄(はいせつ)する。「寝小便を―・れる」
㋔「言う」を卑しめていう語。「文句を―・れる」
「剃る」の忌み詞。また、刃物がよく切れる。
「あんまりよい月影に額―・れうと思うて」〈浄・重井筒
「鋏(はさみ)をくれる筈ぢゃが、―・るるかしらぬ」〈浮・一代男・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しだれる【垂れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 しだ・る
〔四段動詞「しだる」の下二段化〕
長くたれ下がる。 「柳の枝が-・れる」 「山ふかみ岩に-・るる水溜めむ/山家

たれる【垂れる】

[2] ( 動下一 ) [文] ラ下二 た・る
(自動詞)
水滴がしたたり落ちる。 「水がぽたぽた-・れる」 「鼻水が-・れそうになる」
一端を止められた紐ひも・布・紙などの他端が下にさがる。 「長い髪が後ろに-・れている」 「耳の-・れた犬」
(他動詞)
小便・大便などを排泄はいせつすることをやや卑しめていう語。 「糞くそを-・れる」 「屁を-・れる」
目下の者に教訓や模範を示す。 「人々に範はんを-・れる」 「教訓を-・れる」
神仏が恵みを人に与える。 「仏が慈悲を-・れる」 「神が恩寵おんちようを-・れる」
あとまで残す。あとにとどめる。 「名声を後に-・れる」
下にたらす。 「釣り糸を-・れる」 「スダレヲ-・ルル/日葡」 「目より血の涙を-・れて/宇治拾遺 4
首や糸などを下にさげる。 「深く首こうべを-・れる」 「川面に枝を-・れた柳」
髪をそる。 「カミヲ-・ルル/日葡」 「額ひたい-・れうと思うて/浄瑠璃・重井筒
( 接尾 )
〔「ったれる」とも〕 体言に付いて、そのような性質・状態に対する嫌悪の気持ちを表す。 「あまっ-・れる」 〔本来は四段活用の「垂る」に対する他動詞。四段活用の「垂る」が衰退し、平安末期頃他動詞の「垂らす」が生じて以降、下二段活用の「垂る」が自動詞としても用いられるようになった〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

垂れる/枝垂れるの関連キーワードオールドイングリッシュシープドッグイングリッシュコッカースパニエル実るほど頭の下がる稲穂かな縁なき衆生は度し難し木綿四手・木綿垂水の滴るよう商いは牛の涎ぐしょ濡れびしょ濡れ枝垂れ糸杉貫き垂る扱き垂るマスチフ蒙古野馬玉垂れの項垂れる鯱張る天狗猿裏漏り御下げ