コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

専門職大学院 せんもんしょくだいがくいん

2件 の用語解説(専門職大学院の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

専門職大学院

国家試験で認定される高度専門職を養成する大学院。2003年4月施行の学校教育法の改正で制度ができ、職業教育だけでなく、養成機関として大学院が位置付けられる、という点で日本の大学制度に大きな変化を与えた。文部科学省は1980年代後半から大学院拡大政策を積極的に行い、夜間大学院の設置など社会人の参加を促進するための施策も進めてきた。こうした動きに呼応し、大学院修士レベルMBA(Master of Business Administration=経営学修士)を与えるケースも増えている。04年4月には法科大学院(ロースクール)が開校し、会計大学院(アカウンティングスクール)も05年4月に開校した。この動きは、医師養成に及ぶ可能性もある。さらに、「専門職」とは呼ばれない高度な職業教育も、多様な形で発展していくと考えられる。

(金子元久 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せんもんしょく‐だいがくいん〔‐ダイガクヰン〕【専門職大学院】

Professional Graduate School》高い専門知識と技能を持つ職業人の育成を目的とする大学院。平成15年度(2003)の創設。法科大学院教職大学院会計大学院など。アメリカロースクールビジネススクールを模したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

専門職大学院の関連情報