コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋経済大学 なごやけいざいだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋経済大学
なごやけいざいだいがく

私立大学。 1907年市邨芳樹が創立した名古屋女子商業学校を母体として,市邨学園短期大学を経て,78年4年制の市邨学園大学として発足。 83年に現校名に改称。経済学部に消費経済,経営の2学科をおき,消費者問題を中心としたユニークなカリキュラムをもつ。 90年に法学部を増設,2学部構成となる。入学定員は 500名 (1997) 。消費者問題研究所などを併設する。所在地は愛知県犬山市内久保

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なごや‐けいざいだいがく【名古屋経済大学】

愛知県犬山市にある私立大学。昭和54年(1979)に市邨(いちむら)学園大学として開学。昭和58年(1983)に、現校名に改称した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名古屋経済大学
なごやけいざいだいがく

私立。1907年(明治40)に設立された名古屋女子商業学校が起源。1978年(昭和53)に市邨(いちむら)学園大学として設置、1983年に現在の名称に変更、男女共学化した。当初は経済学部(消費経済学科)だけの単科大学であったが、2010年(平成22)時点で、経済学部(現代経済学科)、経営学部(経営学科)、法学部(法学科)、人間生活科学部(教育保育学科、管理栄養学科)の4学部5学科のほか、大学院(法学研究科、会計学研究科、人間生活科学研究科)、短期大学部を置く。経営母体は1945年に発足した学校法人市邨学園(発足当時は財団法人。1951年より学校法人)で、大学のほかに高等学校、中学校、幼稚園を擁する。「一に人物、二に伎倆(ぎりょう)(技量)」の建学の精神のもと「慈・忠・忍」の三徳を校訓三則として教育を展開している。所在地は愛知県犬山市字内久保61-1。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

名古屋経済大学の関連キーワード愛知県犬山市岩尾 裕純

名古屋経済大学の関連情報