コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名見崎徳治(初代) なみざき とくじ

2件 の用語解説(名見崎徳治(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

名見崎徳治(初代) なみざき-とくじ

?-1810 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)三味線方。
富本節。安永元年はじめて江戸中村座で富本豊志太夫(のちの2代富本豊前(ぶぜん)太夫)の立三味線をひく。寛政6年ごろまで活躍した。文化7年7月12日死去。前名は西川徳治。作品に「鞍馬獅子」「お夏狂乱」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

名見崎徳治(初代)

没年:文化7.7.12(1810.8.11)
生年:生年不詳
江戸中期の富本節三味線方。2代目富本豊前太夫が,安永1(1772)年11月中村座に出勤したとき以来,寛政6(1794)年まで,富本節の立三味線を勤めた。当時,富本の三味線方には,常磐津節から移った佐々木市四郎,初代鳥羽屋里長ら名手もいたが,初代徳治の劇場出演記録は圧倒的に多く,彼らをもしのぐ名手であったことがうかがわれる。「相撲・鴛鴦」「鞍馬獅子」「浅間」「身替りお俊」など,富本節の代表曲はいずれも,2代目豊前太夫と初代徳治が太夫と三味線のコンビを組んだ時代に生まれている。2代目は初代の子。

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名見崎徳治(初代)の関連キーワード富本富本豊前掾鳥羽屋里長(初代)富本豊前(初代)富本豊前(2代)富本豊前(4代)富本大和太夫(2代)名見崎徳治(4代)三保崎兵助宮崎忠五郎(初代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone