コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鞍馬獅子 くらまじし

5件 の用語解説(鞍馬獅子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鞍馬獅子
くらまじし

歌舞伎舞踊曲。本名題『夫婦酒替ぬ中仲 (めおとざけかわらぬなかなか) 』。作詞中村重助,作曲名見崎徳治,振付2世西川扇蔵。初演は富本,のちに清元に移調される。現行のものは原作の前半にあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くらまじし【鞍馬獅子】

歌舞伎舞踊富本、のち清元。本名題「夫婦酒替奴中仲(みょうとざけかわらぬなかなか)」。中村重助作詞、名見崎徳治作曲。安永6年(1777)江戸市村座初演。義経が殺されたと聞いて狂乱する静御前太神楽(だいかぐら)に身をやつした御厩(おんまや)の喜三太、餅(もち)売り・酒売りの夫婦に姿を変えた女夫狐(みょうとぎつね)を配したもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くらまじし【鞍馬獅子】

歌舞伎舞踊の曲名。富本。本名題《夫婦酒替奴中仲(めおとざけかわらぬなかなか)》。1777年(安永6)11月江戸市村座で静御前を3世瀬川菊之丞,喜三太を初世中村仲蔵により初演。作詞中村重助。作曲名見崎徳治。振付西川扇蔵。顔見世狂言の大切所作事で,長編であったが,前半の狂女と太神楽(だいかぐら)のからみだけ残る。義経が死んだと聞き狂気となった静御前(現在は卿の君)が形見の薙刀(なぎなた)を持って出,太神楽実は御厩喜三太がからむという筋。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くらまじし【鞍馬獅子】

歌舞伎舞踊の一。富本、のち清元。本名題「夫婦酒替奴中仲めおとざけかわらぬなかなか」。1777年初演。義経の死を聞き錯乱する静御前に太神楽に姿をかえた御厩おんまやの喜三太などがからむ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鞍馬獅子
くらまじし

歌舞伎(かぶき)舞踊劇。清元(きよもと)。本名題(ほんなだい)『夫婦酒替奴中仲(めおとざけかわらぬなかなか)』。初世中村重助作。原曲は富本(とみもと)で名見崎徳治(なみさきとくじ)作曲。西川扇蔵振付け。1777年(安永6)11月、江戸・市村座で3世瀬川菊之丞(きくのじょう)の静御前、初世中村仲蔵の御厩喜三太(おうまやきさんだ)により初演された。顔見世狂言『児華表飛入阿紫(ちごとりいとびいりきつね)』の一番目大詰で、義経(よしつね)の死を悲しんで狂気した静御前が、薙刀(なぎなた)を手に伊勢(いせ)の御裳裾(みもすそ)川のほとりをさまようのを、太神楽(だいかぐら)に身をやつした喜三太が戯れかかり、ともに鞍馬へ向かう。原作には下の巻として酒売りと餅(もち)売りに姿を変えた女夫狐(めおとぎつね)がからむ話があったが、上の巻だけ伝わり、幕末には清元に改曲、また静御前は卿(きょう)の君の役に改められ現在に残った。喜三太演ずる神楽の仕方話(しかたばなし)、狂女と獅子舞のからみなどが眼目である。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone