コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾北[村] ごほく

世界大百科事典 第2版の解説

ごほく【吾北[村]】

高知県中央部,吾川郡の村。人口3705(1995)。仁淀川支流の上八川川流域に位置する。村のほぼ全域を山林が占める,典型的な山村で,南部を西流する上八川川とその支流に沿ってわずかに耕地が開け,集落が点在する。古くから南の製紙業地伊野への製紙原料の供給地としてミツマタコウゾを盛んに生産し,大正期までは舟で運んでいた。現在は林業のほか,米作,養蚕,畜産などが行われ,コンニャク,茶,スイカなどの栽培も加わる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

吾北[村]の関連キーワード宮代町ナイメーヘン福井県の要覧三朝町の要覧

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android