コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾北[村] ごほく

1件 の用語解説(吾北[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ごほく【吾北[村]】

高知県中央部,吾川郡の村。人口3705(1995)。仁淀川支流の上八川川流域に位置する。村のほぼ全域を山林が占める,典型的な山村で,南部を西流する上八川川とその支流に沿ってわずかに耕地が開け,集落が点在する。古くから南の製紙業地伊野への製紙原料の供給地としてミツマタコウゾを盛んに生産し,大正期までは舟で運んでいた。現在は林業のほか,米作,養蚕,畜産などが行われ,コンニャク,茶,スイカなどの栽培も加わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

吾北[村]の関連キーワード福井県の要覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone