コウゾ

百科事典マイペディアの解説

コウゾ

カゾとも。クワ科の落葉低木。カジノキヒメコウゾの雑種といわれ,カジノキに近いものと,ヒメコウゾに近いものとがある。和紙の原料として栽培されるものはカジノキに近いもので,葉の形は似ているが,カジノキほどはざらつかない。雌雄異株で5〜6月開花。果実はほとんど実らない。樹皮から和紙を作る。古く靭皮(じんぴ)繊維で布を織り木綿(ゆう)といった。各地で栽培されるが,生産量は近年漸減。ヒメコウゾは本州(岩手県以南)〜九州,東アジアの山地にはえ,雌雄同株で,果実は球状に集まり6〜7月赤熟し,食べられる。かつては粗紙(楮紙)の原料とされた。
→関連項目宇陀紙生漉紙京花紙小菊植物繊維杉原紙石州半紙繊維作物泉貨紙檀紙典具帖唐紙鳥の子紙奈良紙西の内紙半紙奉書紙細川紙程村紙ミツマタ美濃紙和紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コウゾ
こうぞ / 楮
[学]Broussonetia kazinoki × B. papyrifera Vent.

クワ科の落葉低木。樹皮の繊維を紙の原料とするために栽培する。クワによく似た木で、高さ約6メートル。葉は先のとがった卵形であるが、深く2~3裂、もしくは5深裂するものがあり、縁(へり)には鋸歯(きょし)がある。雌雄同株で、春に多数の小花を、雌花では球状に、雄花では円柱状につける。本州から沖縄、および朝鮮半島、中国に分布する。果実は小核果が球状に集まったもので、初夏に赤く熟し、甘味があり生食でき、果実酒にもする。
 繁殖は根分けによって行われ、早春に植え付け、冬、2メートルほどに伸びた枝を根際から切り取り、それを束ねて蒸気で蒸して皮をはぐ。この皮を乾燥させたものを黒皮とよぶ。黒皮から表皮や古い繊維層を取り除いたものを白皮といい、この白皮が和紙の原料となる。コウゾの繊維は、紙をつくる植物繊維のなかでもっとも長い。そのため強靭(きょうじん)で、長く保存のきく美しい和紙がつくられ、障子紙や表具用紙、傘紙などに適している。
 コウゾはヒメコウゾB. kazinoki Sieb.とカジノキB. papyrifera Vent.との雑種と考えられている。ヒメコウゾやカジノキも枝の靭皮繊維を手漉(てす)き和紙の原料とし、古代にはこれらの繊維で布をつくり、ゆふ(木綿)といった。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コウゾの関連情報