コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉淞 ウースン

3件 の用語解説(呉淞の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

呉淞【ウースン】

中国,上海市の地名。呉淞江口に臨み,上海の外港として有名。淞滬(しょうこ)鉄路(呉淞〜上海)の起点で,軍事・交通の要地。商業の中心は隣接の宝山に移ったが,近年は造船,機械,化学などの近代工業が発達している。
→関連項目黄浦江上海

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウースン【呉淞 Wú sōng】

中国,上海市北郊の鎮。また上海市の区名。港湾があり上海の外港である。黄浦江が長江(揚子江)に流入する地点(呉淞口)の西岸にあり,長江下流デルタの水陸交通の要衝で,明代に倭寇に対する海防基地が設けられたものが,一つの鎮に成長した。アヘン戦争のとき,ここにある砲台で江南提督陳化成が最後まで抵抗したのは有名。上海が開港したのちは,軍事基地として,また黄浦江を遡航できない大型船の係留地としてなど,上海と結びついて発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉淞
ごしょう / ウーソン

中国東部、上海(シャンハイ)市北部にある上海市の市轄区。ウースンともいう。黄浦江(こうほこう/ホワンプーチヤン)河口の西岸に位置する港湾・工業地区である。14世紀以後揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン)、黄浦江河口一帯の要地とされ、しばしば倭寇(わこう)の襲撃に悩まされた。アヘン戦争の際にはイギリス軍に占領された。1880年条約によってドイツ船の停泊を許可し、98年には開港場となり、以後上海の外港として発達した。1932年、37年の日本軍の上海上陸作戦の際には、中国軍は呉淞砲台に拠(よ)って激しく抵抗した。上海の中心部とは中国最初の鉄道(1874建設)淞滬(しょうこ)鉄道で連絡し、沿線一帯は発電所、造船所、紡績などの工場が多い。また西部には、近年日本の借款によって建設された宝山製鉄所を中心とする巨大な鉄鋼コンビナートの発達が著しい。[船越昭生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

呉淞の関連キーワード熱海市黄浦江上海事変陳毅東海市西海市海市上海蟹虹口上海リニア

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呉淞の関連情報