コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉玉章 ごぎょくしょうWu Yu-zhang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呉玉章
ごぎょくしょう
Wu Yu-zhang

[生]光緒4(1878).12.30. 四川,栄
[没]1966.12.12. 北京
中国の教育家,政治家。光緒 29 (1903) 年日本に留学。幸徳秋水らの影響を受けて同盟会に参加。宣統3 (11) 年帰国して栄県起義を指導,辛亥革命のさきがけとなった。 1913年反袁闘争のなかでフランスに亡命,帰国後 22年成都高等師範学校校長となり中国青年共産党を結成。 25年北京に行き中国共産党に入党し,国共合作期の 26年国民党の中央執行委員。 27年南昌暴動に参加後,ソ連に亡命,その間,瞿秋白 (くしゅうはく) とともに中国語ラテン化新文字を創案。 35年パリに行き,『救国時報』を編集し,38年帰国。 45年中央委員に選ばれ,中華人民共和国成立後は,人民政府委員,政治協商会議代表,人民大学学長,史学会副主席,自然科学専門学会名誉主席などの要職をつとめ,64年,第3期全国人民代表大会の四川代表に選出され,常務委員となった。著書に『簡化漢字問題』 (56) ,『辛亥革命』 (61) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

呉玉章【ごぎょくしょう】

中国共産党の教育家政治家四川省の人。清末に日本留学。辛亥革命の時四川で活躍。1913年袁世凱の帝政運動反対に失敗しフランス亡命した。1922年四川で中国青年共産党を組織し,1925年共産党に入党

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごぎょくしょう【呉玉章 Wú Yù zhāng】

1878‐1966
中国の革命家教育者。四川省栄県の人。はじめ1903年(光緒29)日本に私費留学し,成城学校速成中学在学中,変法により中国を改革する考えをすて,中国同盟会に加入。旧制六高理科に進んだが退学して革命運動に専念,反清と民権革命を鼓吹する雑誌《四川》を編纂し,また四川哥老会の有力者だった兄の関係で,哥老会,孝友会,三合会などの会党を統一した共進会を組織したりした。11年(宣統3)7月帰郷後四川の革命に奔走した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呉玉章
ごぎょくしょう / ウーユイチャン
(1897―1966)

中国の革命家、教育者。文字改革運動の推進者。四川(しせん)省栄県の大地主の家に生まれ、日本に留学し、中国同盟会に参加。辛亥(しんがい)革命後帰国し総統府秘書、第二革命後袁世凱(えんせいがい)に追われフランスに亡命し、1915年蔡元培(さいげんばい)らと勤工倹学運動をおこす。1925年中国共産党に入党し、国共合作後の国民党中央執行委員となる。国共分裂後南昌(なんしょう)暴動(1927)に参加、ソ連に亡命、瞿秋白(くしゅうはく)らと中国語ラテン化新文字を創案。1938年帰国し中国共産党中央委員、魯迅(ろじん)芸術学院院長、東北大学校長などを務め、文字改革に尽力。新中国成立(1949)後も共産党中央委員、中国人民大学校長、中国文字改革委員会主任として活躍。著書には『辛亥革命』などがある。[阿川修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

呉玉章の関連キーワードウーユイチャン12月30日中国共産党南昌蜂起

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android