コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和珅 わしんHé Shēn

世界大百科事典 第2版の解説

わしん【和珅 Hé Shēn】

?‐1799
中国,清代中期の権臣。満州語ではHesenと発音する。姓は鈕祜禄(ニオフル)氏。満州正紅旗の人。1772年(乾隆37)侍衛となり,乾隆帝の寵愛をえて異常に昇進し,76年軍機大臣(軍機処)に任ぜられ,爾来20余年その地位にあった。その間多くの要職を兼ね,子は帝の娘と結婚し,非常な権勢をふるったが,99年(嘉慶4)乾隆帝が死ぬと直ちに罪を問われ,自殺させられた。在職中多額の賄賂をむさぼり取り,没収された財産は8億両にのぼったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


わしん
(1750―1799)

中国、清(しん)代、乾隆(けんりゅう)帝の寵臣(ちょうしん)。姓は鈕(ニオフル)氏、字(あざな)は致斎(ちさい)。満州正紅旗の人、英額地方(遼寧(りょうねい)省開原県)出身。1769年、三等軽車都尉(中級爵位)を世襲。75年、乾清門(けんせいもん)侍衛の際、その好男子ぶりが皇帝の目に留まる。数年のうちに戸部侍郎、軍機大臣から戸部尚書、議政大臣にまで昇るスピード出世を果たす。帝の娘を息子の嫁に迎え、貪欲(どんよく)な収賄を続け、官界を汚職の巷(ちまた)と化した。帝の死後、弾劾の標的となり、嘉慶(かけい)帝から20大罪を列挙され、自害を命ぜられた。没収された財産は8億両、実に政府歳入7000万両の10倍以上であった。当時、「和がころんで嘉慶帝が腹一杯」という民謡がはやったほどである。[安野省三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の和珅の言及

【乾隆帝】より

…宮廷にはイタリアの宣教師カスティリオーネが出仕し,ヨーロッパ風の絵画を描き,円明園の西洋建築の設計にも関与し,華やかさをそえた。しかし〈馬上朝廷〉という異名が朝鮮にも伝わるほど巡幸を重ねたことは,民間の疾苦の因となり,和珅(わしん)を寵愛しその貪横を許すなど失政も目だち,晩年には大規模な白蓮教の乱が勃発して,その鎮圧は次代に持ちこされたのである。【森 紀子】。…

※「和珅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

和珅の関連キーワード大清一統志嘉慶帝

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android