コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板額(読み)ハンガク

百科事典マイペディアの解説

板額【はんがく】

鎌倉初期の女性。生没年不詳。城資盛の姨(おば)。大力で弓をよくした。1201年,資盛が源頼家に抗して越後で挙兵したとき,板額は髪を束ね童形になり,強弓を引いて勇戦したが捕らえられ,鎌倉に送られた。阿佐利義遠(よしとお)がその勇を惜しみ,頼家に請うて妻にしたという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板額 はんがく

?-? 鎌倉時代の女性。
越後(えちご)(新潟県)の豪族城資国の娘。生まれつき力がつよく,弓術にすぐれた。城長茂(ながもち)の反乱に呼応して,正治(しょうじ)3年(1201)甥(おい)の城資盛とともに挙兵,幕府軍とたたかう。百発百中射芸で奮戦するが捕らえられ,のち甲斐(かい)源氏浅利与一の妻となった。坂額ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はんがく【板額】

平安末~鎌倉初期の女性。生没年不詳。越後の豪族城氏の一族。1201年(建仁1)城長茂(ながもち)が京都で倒幕の兵を挙げ,敗死すると越後奥山荘鳥坂城ではその甥資盛が籠城して幕府軍と戦った。板額はこのとき城中にあって奮戦,幕府軍を悩ませた。女性の身での武勇は源義仲の妾巴御前とならぶものとされ,落城後鎌倉に送られたが,甲斐の御家人阿佐利氏に請われ同氏に嫁したと伝えられる。【阿部 洋輔】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はんがく【板額】

鎌倉初期の女性。越後の人。城資盛の叔母おば。1201年、資盛が鎌倉幕府軍と戦った時、越後鳥坂とつさかで、童形に身を変えて奮戦したが、ついに捕らえられた。のち甲斐源氏浅利義遠の妻になったという。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

板額の関連情報