品書(読み)しながき

精選版 日本国語大辞典「品書」の解説

しな‐がき【品書】

〘名〙 品物の名を並べ書くこと。また、その書付品付
※寄合ばなし(1874)〈榊原伊祐〉初「源氏物語と平家ものがたりは同じ軍書とおもひ、伊勢は内宮外宮の講釈、うつぼは塩魚の品書(シナガキ)でも書てあるものの様に思ふて居る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「品書」の解説

しな‐がき【品書(き)】

品物の名を書き並べたもの。品物の目録品付け。「料理屋の品書き
[類語]献立献立表メニュー書誌書目品目番組カタログリストプログラム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の品書の言及

【献立】より

…食事の内容を構成する料理の種類とその組合せ,また,その順序を定めること。献立書(がき),献立表はそれを記したものであるが,現在では飲食店が客に販売する料理や飲物の品書(しながき)をいうことも多い。中国料理の場合は菜単(さいたん∥ツアイタン),洋風料理の場合にはメニューと呼ぶのがふつうである。…

※「品書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android