相即不離(読み)そうそくふり

四字熟語を知る辞典「相即不離」の解説

相即不離

互いに密接に関係していて切り離すことができないこと。

[使用例] 空間と時間との即不離が明らかにせられる[和辻哲郎風土|1935]

[解説] 「相即」は本来は仏教語で、万物はその本体は一つに溶け合って一体であるということ。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「相即不離」の解説

そうそく‐ふり サウソク‥【相即不離】

〙 互いに密接に関係して切り離すことができないこと。
※風土(1935)〈和辻哲郎〉一「空間と時間との相即不離が明らかにせられる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android