唇歯輔車(読み)シンシホシャ

デジタル大辞泉の解説

しんし‐ほしゃ【唇歯×輔車】

《「春秋左氏伝」僖公五年の「に所謂(いはゆる)、輔車相依り、(くちびる)亡ぶれば寒しとは」から》一方が滅べば他方も成り立たなくなるような密接不離の関係にあって、互いに支え助け合って存在していることのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しんし‐ほしゃ【唇歯輔車】

〘名〙 (「春秋左伝‐僖公五年」の「諺所謂輔車相依、脣亡歯寒者、其虞虢之謂也」による語。「輔」は頬骨、「車」は歯ぐきの意) 一方がほろべば他方も立ちゆかなくなるような、利害が密接で離れられない関係をたとえていう語。もちつもたれつの関係。
※義経仁義主汗(1894)〈福地桜痴〉八「故なくして国土を広め妄りに他国を攻亡さん存意なし、取分け貴国は唇歯輔車(シンシホシャ)の隣国なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

唇歯輔車

一方がほろべば他方も立ちゆかなくなるような、利害が密接で離れられない関係をたとえていう語。もちつもたれつの関係。

[使用例] 公らととは同文同人種の同胞である。唇歯輔車の関係である[内田魯庵*社会百面相|1902]

[解説] 「車相依り、唇亡ぶれば歯寒し」という意味から。「輔」は頬骨、「車」は歯ぐき。また、車のそえと車台ともいいます。「輔車」で一方がほろびれば他方もほろびるような関係をいいます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報