コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蚰蜒 ゲジ

デジタル大辞泉の解説

げじ【蚰蜒】

ゲジ目の節足動物体長約3センチであるが、15対のきわめて長い歩脚をもつので大きく見える。家屋内の害虫を捕食する益虫。げじげじ。 夏》
[補説]歴史的仮名遣いは「げぢ」とする説もある。

げじ‐げじ【蚰蜒】

ゲジ俗称 夏》「―や風雨の夜の白襖/草城
人から忌み嫌われる者のたとえ。
[補説]歴史的仮名遣いは「げぢげぢ」とする説もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げじ【蚰蜒】

ゲジ目の節足動物の総称。体は短棒状で2~7センチメートル。青藍らん色ないし黒褐色で、一五対の細長い足がある。屋根裏などにすみ、小昆虫などを食べる。北海道南部以南に分布。ゲジゲジ。 〔歴史的仮名遣い「げじ」か「げぢ」か不明〕

げじげじ【蚰蜒】

ゲジの俗称。 [季] 夏。
人から嫌われる者。憎まれ者。特に近世では、梶原景時のあだ名。 「あの-野郎め」 〔歴史的仮名遣い「げじ」か「げぢ」か不明〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蚰蜒 (ゲジ・ゲジゲジ)

動物。ゲジ目の陸生動物の総称

蚰蜒 (ゲジゲジ)

植物。キンポウゲ科の越年草,薬用植物。タガラシの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蚰蜒の関連キーワードゲジゲジ梶原景時風雨動物梶原

蚰蜒の関連情報