唐古・鍵遺跡(読み)からこかぎいせき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐古・鍵遺跡
からこかぎいせき

奈良県磯城(しき)郡田原本(たわらもと)町唐古と鍵にある弥生(やよい)時代集落遺跡。1936、37年(昭和11、12)に京都帝国大学と奈良県により調査が行われ、弥生土器とともに多量の木製農耕具類が出土したことによって、弥生土器が水稲農耕文化に属することが初めて実証され、近畿弥生土器の編年体系が確立された。遺跡は推定400メートル×500メートルの規模をもち、周囲に幅4~10メートル余の環濠(かんごう)を巡らしている。遺跡南部には銅鐸(どうたく)鋳造工房があったらしく、1977年(昭和52)の調査によって後期初頭の土器とともに銅鐸鋳型(いがた)(石型1点、土型多数)、鞴羽口(ふいごはぐち)、坩堝(るつぼ)などが検出された。銅鐸の製作時期を限定しうる重要な資料であるとともに、南西600メートルに所在する鏡作(かがみつくり)神社の性格がにわかに注目されてきた。これら鋳型から復原できる銅鐸は、従来弥生時代中期に使用年代が求められていた外縁付鈕(ちゅう)式か扁平(へんぺい)鈕式のものであり、それが後期初頭の土器と共伴していたことと、銅鐸祭祀(さいし)(地的宗儀)と鏡祭祀(天的宗儀)がどのように転換したのかを生産地の状況を通じて検討しうるのではないか、という新たな課題が提起された。[石野博信]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

唐古・鍵遺跡

集落の周りに濠(ほり)を巡らせた弥生時代環濠(かんごう)集落遺跡。全体は約42万平方メートル。調査で大型建物跡や青銅器の工房跡などが見つかっているが、楼閣の跡は見つかっていない。大量の土器石器木製品、ヒスイ製の勾玉(まがたま)なども出土しており、当時の近畿地方の盟主的な集落と考えられている。

(2017-04-22 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

唐古・鍵遺跡の関連情報