コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯識三十頌 ゆいしきさんじゅうじゅ Trimˈśikāvijñaptimātratāsiddhi

2件 の用語解説(唯識三十頌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唯識三十頌
ゆいしきさんじゅうじゅ
Trimˈśikāvijñaptimātratāsiddhi

世親著。サンスクリット原典,チベット語訳,漢訳 (真諦訳,玄奘訳) が現存。『解深密経』から『摂大乗論』まで多くの書によって明らかにされた仏教の唯識説の要義を,30の頌 (→ ) によって体系的にまとめたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唯識三十頌
ゆいしきさんじゅうじゅ

インドの仏教学者、世親(せしん)(バスバンドゥ、400―480ころ)が30の詩頌によって唯識思想の体系を説いた名著。安慧(あんね)(スティラマティ、510―570ころ)の注釈がサンスクリット本で現存。下意識的な根源的認識である阿頼耶識(あらやしき)と、それを自我と誤想する末那識(まなしき)と、目、耳、鼻、舌、身、意の六つの現象する認識、という三層の認識のみの転変によって、外界の対象が実在しないにもかかわらず、自我と世界と多くの心理現象が仮現(けげん)する様相を説く。小著でありながら唯識思想の体系を完成している。[梶山雄一]
『荒牧典俊訳『世親論集』(『大乗仏典15』所収・1976・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

唯識三十頌の関連キーワードサンスクリット劇サンスクリット語般若心経法華経瑜伽師地論楞伽経チベットヒマラヤ山塊御牧克己正理一滴論チベット種 (Tibet)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone