問訊(読み)モンジン

デジタル大辞泉の解説

もん‐じん【問×訊】

[名](スル)
問いたずねること。聞きただすこと。訊問。
「即今各国人より―するの節」〈公議所日誌〉
禅宗の礼法で、合掌低頭すること。本来はそのあと安否を尋ねた。
降参すること。
「この一句を聞いて―して」〈太平記・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もんじん【問訊】

スル
問いただすこと。訊問。 此一句を聞て-して門前より馬引寄打乗て/太平記 10
閉口すること。降参すること。 ソノ時アラソウタ人ハ、-シテシャントノ足モトニヒレ伏シ/天草本伊曽保
禅宗の礼法で、合掌低頭すること。本来は、その後安否を尋ねるが、実際には省略されるのが普通。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もん‐じん【問訊】

〘名〙
① ききただすこと。問。
※法華義疏(7C前)四「明踊出菩薩与釈迦往復問訊
※信長記(1622)一一「誰かれと人のさし申に任せて、問訊(モンジン)し玉ひて」
問すること。
※周南先生文集(1760)二・岐蘓道中「問訊巴姫宅、渓辺青艸深」 〔後漢書‐清河孝王慶伝〕
③ 屈服すること。
(イ) 言い詰められて閉口すること。
※太平記(14C後)一〇「此一句を聞て、問訊(モンジン)して、門前より馬引寄打乗て」
(ロ) 降参すること。
※咄本・醒睡笑(1628)一「そのまま太刀を投げすて問訊しけり」
禅宗の礼法で、合掌して体を曲げ頭を低くたれて敬礼すること。
※正法眼蔵(1231‐53)安居「大衆は、知事以下みな面北にて、住持人を問訊す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android