コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

問訊 モンジン

デジタル大辞泉の解説

もん‐じん【問×訊】

[名](スル)
問いたずねること。聞きただすこと。訊問。
「即今各国人より―するの節」〈公議所日誌〉
禅宗の礼法で、合掌低頭すること。本来はそのあと安否を尋ねた。
降参すること。
「この一句を聞いて―して」〈太平記・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もんじん【問訊】

( 名 ) スル
問いただすこと。訊問。 「此一句を聞て-して門前より馬引寄打乗て/太平記 10
閉口すること。降参すること。 「ソノ時アラソウタ人ハ、-シテシャントノ足モトニヒレ伏シ/天草本伊曽保」
〘仏〙 禅宗の礼法で、合掌低頭すること。本来は、その後安否を尋ねるが、実際には省略されるのが普通。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

問訊の関連キーワード人・仁・刃・塵・壬・尋・尽・燼・甚・盡・神・腎・臣・訊・迅・陣・靭

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android