コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多村節信 きたむら ときのぶ

世界大百科事典 第2版の解説

きたむらときのぶ【喜多村節信】

1783‐1856(天明3‐安政3)
江戸後期の考証家。通称は彦助,のち彦兵衛。名は信節(のぶよ)ともいう。字は長岐。筠庭,静舎などと号する。江戸に住し,北静廬や岸本由豆流と交流して研鑽を積んだ。博覧強記をもって聞こえ,学は和漢に通じ,書画もよくした雑学家。著書には,江戸時代の民間風俗の宝庫として名高い《嬉遊笑覧》をはじめ,《瓦礫雑考》《武江年表補正略》《筠庭雑考》《画証録》《聞のまにまに》などがある。【鈴木 淳】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喜多村節信
きたむらときのぶ
(1783―1856)

幕末の国学者、考証学者。江戸の町年寄の家に生れる。通称彦助(ひこすけ)、のち彦兵衛(ひこべえ)。名は、知人から名前の上下を取り違えた銅印を贈られたことに由来して信節(のぶよ)ともいう。号は(いんてい)、静舎(しずのや)など。特別に師事した学者はいないが、小山田与清(ともきよ)、岸本由豆流(ゆずる)、山崎美成(よししげ)など交際範囲は広い。古今のさまざまな文献を渉猟し、社会風俗の考証を得意とした。なかでも、1830年(天保元)に成った『嬉遊笑覧(きゆうしょうらん)』は有名で、その考証は近世の風俗や書画、詩歌、歌舞、草木などにまで及び、近世後期の庶民生活研究の貴重な史料となっている。ほかに『新増年中行事』『武江年表補正略(ぶこうねんぴょうほせいりゃく)』『花街漫録(かがいまんろく)』など。[桂島宣弘]
『大川茂雄・南茂樹編『国学者伝記集成2』復刻版(1978・名著刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の喜多村節信の言及

【嬉遊笑覧】より

…江戸時代の類書。喜多村節信(ときのぶ)著。12巻,付録1巻。…

※「喜多村節信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

喜多村節信の関連キーワードすずり蓋(硯蓋)小山田与清喜多村信節スイカ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android