コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喧嘩祭(り) ケンカマツリ

3件 の用語解説(喧嘩祭(り)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんか‐まつり〔ケンクワ‐〕【××嘩祭(り)】

氏子や参詣人が争い合うことを特色とする祭り。お札(ふだ)を取り合うもの、押し合いをしてその年の豊凶を占うもの、悪口を言い合うものなどがある。岐阜県関市の鞍知白山神社の祭礼、大分県の宇佐八幡宮の夏越祭などが有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

喧嘩祭【けんかまつり】

喧嘩や,それに似た騒ぎを特色とした祭礼。大分県宇佐神宮の夏越(なごし)祭,岐阜県関市白山社の倉知(くらち)祭,岐阜市美江(みえ)寺の修正会(しゅしょうえ),姫路市松原八幡宮の喧嘩祭など,各地にある。
→関連項目神輿

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

喧嘩祭
けんかまつり

悪態(あくたい)祭、押合い祭とも同じ心意の祭りで、祭りに喧嘩やいさかい、悪口(あっこう)を伴い、勝敗により神の意志を問う。兵庫県姫路市白浜町松原八幡(はちまん)神社の10月14、15日の例祭は「灘(なだ)のけんか祭り」として名高い。互いに神輿(みこし)を打ち合わせ勝負を争うことからこの名があるが、神輿の突き合わせは激しいほど神意にかなうという。こうした形で神威がいや増しに高められるとも考えられる。岐阜県関市倉知の鞍知(くらち)・白山神社の4月第3日曜日に行われる倉知まつりもかつてはけんか祭といわれ、2基の神輿が争い、勝ったほうが田植のとき用水を早く引けたという。大分県宇佐郡宇佐町の宇佐神宮の夏越(なごし)祭は、喧嘩祭ともオンバライともいわれ、神輿の先着争いをする。勝った村はその年五穀豊穣(ほうじょう)といい、敗れた村は凶作であるとする。11月から正月にかけて行われる愛知県奥三河の花祭は一名悪口(あっこう)祭といわれ、悪口の限りを尽くして言い負かした者に福が招来するという。[萩原秀三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喧嘩祭(り)の関連キーワード悪口祭奪い合う競い合う骨肉相食む誘い合う悪態祭甘酒祭押合い祭番い合う向い合う

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone