コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嗅剤 キュウザイ

3件 の用語解説(嗅剤の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ざい〔キウ‐〕【嗅剤】

失神・昏睡(こんすい)・泥酔の状態にある者に鼻からかがせて、意識や呼吸を回復させる薬剤。アンモニア水亜硝酸アミルなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嗅剤
きゅうざい

治療の目的で吸入する薬剤。鼻粘膜の嗅神経および三叉(さんさ)神経末梢(まっしょう)を刺激することによって、呼吸、脈拍、血圧などに影響を与える薬剤で、主として揮発性で液状である。代表的なものに狭心症の発作を止めるために用いる亜硝酸アミルがある。このほか、失神、昏睡(こんすい)、酩酊(めいてい)者に気つけ薬として用いたり、ヒステリーの発作などにも用いられ、アンモニア水、酢酸エチル、精油などがこの目的で使われる。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone