嗅剤(読み)キュウザイ

大辞林 第三版の解説

きゅうざい【嗅剤】

失神者・昏睡こんすい者などにかがせて呼吸を回復し、血圧を亢進こうしんさせる刺激性の臭気または香気のある嗅入薬剤。アンモニア水など。嗅入薬。かぎぐすり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嗅剤
きゅうざい

治療の目的で吸入する薬剤。鼻粘膜の嗅神経および三叉(さんさ)神経末梢(まっしょう)を刺激することによって、呼吸、脈拍、血圧などに影響を与える薬剤で、主として揮発性で液状である。代表的なものに狭心症の発作を止めるために用いる亜硝酸アミルがある。このほか、失神、昏睡(こんすい)、酩酊(めいてい)者に気つけ薬として用いたり、ヒステリーの発作などにも用いられ、アンモニア水、酢酸エチル、精油などがこの目的で使われる。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android