コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥酔 デイスイ

3件 の用語解説(泥酔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でい‐すい【泥酔】

[名](スル)《「泥」は、水がないとどろのようになるという虫の名》正体をなくすほど、ひどく酔うこと。「泥酔するまで飲む」「泥酔状態」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

でいすい【泥酔】

( 名 ) スル
〔李白「襄陽歌」より。「泥」はどろの意ではなく、骨がなく、水から出るとぐにゃぐにゃになってしまう虫の名という〕
わけがわからなくなるほど、ひどく酔うこと。 「 -して路上に寝てしまう」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泥酔
でいすい

正体がなくなるほど深く酒に酔うことで、アルコール血中濃度は200ミリグラム%以上である。「泥」は南海にいる虫といわれ、水があると生き生きとしているが、水がなくなるとたちまち酔って泥土のようになり、正体を失ってしまうとされるところから、ひどく酒に酔った人をこれに例える。もっとも、異説もあり、泥がぐにゃぐにゃで正体がわからないところから、泥酔者の正体のなさをこれに例えたのだとする説もある。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の泥酔の言及

【酩酊】より

…立っていられなくなり,運動麻痺や言語の障害が現れる。(4)第4度酩酊 泥酔。血中アルコール濃度3.5~4.5mg/ml。…

※「泥酔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

泥酔の関連キーワード轟轟轟き泥んこターゲットドローン轟めくドロマイト砂ドロミクライトドロアレナイトプロトドロマイト

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泥酔の関連情報