コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥酔 デイスイ

デジタル大辞泉の解説

でい‐すい【泥酔】

[名](スル)《「泥」は、水がないとどろのようになるという虫の名》正体をなくすほど、ひどく酔うこと。「泥酔するまで飲む」「泥酔状態」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

でいすい【泥酔】

( 名 ) スル
〔李白「襄陽歌」より。「泥」はどろの意ではなく、骨がなく、水から出るとぐにゃぐにゃになってしまう虫の名という〕
わけがわからなくなるほど、ひどく酔うこと。 「 -して路上に寝てしまう」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泥酔
でいすい

正体がなくなるほど深く酒にうことで、アルコールの血中濃度は200ミリグラム%以上である。「」は南海にいる虫といわれ、水があると生き生きとしているが、水がなくなるとたちまち酔って泥土のようになり、正体を失ってしまうとされるところから、ひどく酒に酔った人をこれに例える。もっとも、異説もあり、泥がぐにゃぐにゃで正体がわからないところから、泥酔者の正体のなさをこれに例えたのだとする説もある。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の泥酔の言及

【酩酊】より

…立っていられなくなり,運動麻痺や言語の障害が現れる。(4)第4度酩酊 泥酔。血中アルコール濃度3.5~4.5mg/ml。…

※「泥酔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

泥酔の関連キーワードライオネル・ピゴット ジョンソン血中アルコール濃度呂律が回らないハンサムハセオブライエン太郎兵衛駕籠食らひ倒れ乱酔・爛酔とろっぺきCN ガスアキーモフジョンソンOC ガス酔い潰れる意思能力のたまく泉山三六心神喪失れろれろ即時強制

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泥酔の関連情報