コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴霧機 ふんむき

3件 の用語解説(噴霧機の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

噴霧機【ふんむき】

液状の農薬散布に用いる機具。ポンプで液剤を圧送し,噴霧ノズルから霧粒の形にして噴出する。人力式と動力式のものがあり,前者には携帯型,移動型,後者にはこのほか定置型がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふんむき【噴霧機 sprayer】

液体を加圧して圧送し,ノズルから噴霧する装置。主として,農業で病害虫の被害を防ぐため,液剤農薬を噴霧する病虫害防除機として用いられる。日本へは1890年ころ人力噴霧機が輸入され,1925年ころには果樹園用の動力噴霧機が導入されたが,32年には国産化されている。第2次大戦後は食糧増産の要請から防除技術の向上が進み,農薬化学の発展とともに動力噴霧機が急速に普及し,とくに水田での病虫害防除に使われ米の増収に大きく貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

噴霧機
ふんむき

液体をポンプなどを用いて霧状の液滴として飛散させる機械、器具をいう。一般的には農薬を水で薄め霧状の水滴にして農作物に散布するものをいう。この噴霧機は人力用と動力用とに大きく分類される。人力噴霧機は小面積の農業用のほかに園芸用、衛生用などに広く使用される。これは液剤タンク往復ポンプホース、ノズルなどから構成され、人力によってポンプを必要に応じて作動し散布する。この液剤に直接圧力をかける方法のほか、薬剤タンクを空気ポンプで加圧して使用する方式のものもある。これらに対して動力用として用いられるのは三連のプランジャーまたはピストンを用いた往復ポンプである。これを定置、可搬、車輪付き、走行式などにして対象に応じて使い分ける。小形ポンプを用いて背負い型として使うこともある。噴霧機を上手に使うにはノズルの選択が重要で、これによって防除効果が高められる。[平田孝三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の噴霧機の言及

【園芸】より

…果樹,野菜,観賞用植物などを資本と労力をかけて集約的に栽培することで,対象とする作物の種類によって,果樹園芸,野菜園芸,花卉(かき)園芸に分類される。また,生産物の販売を目的とする園芸を生産園芸,趣味として行う園芸を趣味園芸,または家庭園芸という。園芸という言葉は英語のhorticultureの訳語で,日本では1873年に出版された英和辞書で用いられたのが初めである。horticultureとはラテン語のhortus(囲うこと,または囲まれた土地の意)とcultura(栽培の意)に由来し,17世紀以降使われるようになった言葉である。…

※「噴霧機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

噴霧機の関連情報