コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四万[温泉] しま

百科事典マイペディアの解説

四万[温泉]【しま】

群馬県吾妻(あがつま)郡中之条町,吾妻川の支流四万川に沿う国民保養温泉。含石膏苦味泉,弱食塩泉など。43〜82℃。温泉口,山口,新湯(あらゆ),日向見(ひなたみ)の4湯があり,古くから草津,伊香保とともに上毛三名湯といわれる。
→関連項目上信越高原国立公園中之条[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しま【四万[温泉]】

群馬県北西部,吾妻(あがつま)郡中之条町の北部にある温泉。四万川上流部の渓谷に臨む,温泉口,山口,新湯(あらゆ),日向見(ひなたみ)の4温泉の総称で,四万温泉郷とも呼ばれる。開湯の歴史は古く,源頼光四天王の一人碓井貞光の発見とか,坂上田村麻呂が奥羽征討のおり湯宿を設けたとかいわれ,伊香保,草津とともに北関東の名湯として知られた。セッコウ食塩泉,43~82℃。旅館,民宿のほか新湯と日向見の間には企業などの保養施設もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四万[温泉]の関連情報