四大公害訴訟(読み)よんだいこうがいそしょう

百科事典マイペディアの解説

四大公害訴訟【よんだいこうがいそしょう】

イタイイタイ病事件,水俣病事件,新潟水俣病事件,四日市公害事件(四日市喘息)の四大公害に関連して,患者とその家族・遺族が公害の原因とみなされる企業を相手に起こした訴訟。四大公害訴訟では,いずれも原告・住民側が勝訴しており,主な争点となっていた因果関係の科学的解明については,それに証明を求める被告側(企業)の主張が一様に退けられ,または被害者の早期救済を重視して疫学的手法が支持されているのが特徴的である。とくに四日市公害訴訟判決で工場立地の際に行政が事前に総合的な環境影響調査をしなかった責任を問われたことは,環境破壊を未然に防止する手法の必要性を浮き彫りにした。環境庁四大公害裁判の判決を踏まえて,米国の国家環境政策法にならい環境アセスメントの法制化に取り組むことになった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の四大公害訴訟の言及

【公害】より

…63年から64年にかけて静岡県の三島・沼津地区で静岡県が計画した石油コンビナート建設に対し,地元の市民たちが,公害学習会を開き,反対運動を展開し,建設を中止させた。67年には新潟水俣病と四日市喘息,68年には富山県のイタイイタイ病,69年には熊本水俣病と,いわゆる〈四大公害訴訟〉が相次いで住民運動を中心にして提起された。またこのころ,横浜市新貨物線反対運動,富士市のへどろ公害反対運動,富士川火力発電所建設反対運動,大阪国際空港騒音反対運動などもそれぞれに活発になってきた。…

【公害裁判】より

… 公害の被害者が加害者である事業者等を相手に,損害賠償や被害発生の原因となる事業活動の全部または一部の差止めを求めて提起した訴訟についての民事裁判。これまでの事例では,しばしば被害者が多数にのぼり,訴訟が長期化し,一方では被害者に対する支援の運動を伴い社会問題化する傾向があった。このほか,公害を発生させた者の刑事責任を問う刑事裁判がある。 日本では,公害被害が深刻であり,死者を含む重大な健康被害を引き起こした事件が少なくない。…

※「四大公害訴訟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android