コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四日市喘息 よっかいちぜんそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四日市喘息
よっかいちぜんそく

三重県,四日市市に 1960年石油コンビナートが建設されて以来続出してきた喘息様の発作。患者は老年層と 10歳以下の若年層が多く,症状は眼の痛みとともに激しい咳,発作的,けいれん的な呼吸困難が昼夜を分たず数ヵ月に及ぶきわめて悲惨なもので,公害として大きな問題になった。 1972年に石油コンビナート6社に下ったいわゆる四日市判決は,その後の日本の公害対策に多大な影響を与えた (→四日市公害訴訟 ) 。患者救済措置がとられ,1970年代を過ぎると患者数の減少が見られるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よっかいち‐ぜんそく【四日市×喘息】

三重県四日市市昭和37年(1962)ころより、石油コンビナートから排出された硫黄酸化物による大気汚染公害のため、住民に多数発生した気管支喘息訴訟が起こされて昭和47年(1972)に患者側の勝訴となり、排出量の規制や公害健康被害補償法制定などに影響を与えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

四日市喘息【よっかいちぜんそく】

三重県四日市市塩浜地区に,1960年ころから多発した喘息様発作の通称。疫学的調査などにより,同地区の石油化学コンビナートが排出する硫黄化合物,炭化水素,硫酸ミスト等による大気汚染が原因(誘因)とわかり,社会問題化した。
→関連項目公害裁判国家環境政策法ストックホルム会議石油化学コンビナート四大公害訴訟

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よっかいちぜんそく【四日市喘息】

三重県四日市市南部の塩浜地区を中心に,1960年ころより主として中高年以降の人々を中心として多発した喘息性疾患。63年に三重大医学部の吉田克巳らが,この喘息性疾患の多発が同地域での高濃度の硫黄酸化物による大気汚染と強い疫学的関連性があることを大気汚染研究協議会(大気汚染学会)に発表して以来,四日市喘息の名まえで広く全国に知られるようになった。
[発生]
 第2次世界大戦後の経済復興の中で,1950年代後半ころより始まった高度経済成長政策,重化学工業化を中心とする地域開発政策の波の中で,四日市市南部の塩浜地区にあった旧海軍燃料廠跡地を中心に,当時日本最大の石油化学コンビナートの建設が開始された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よっかいちぜんそく【四日市喘息】

四日市市の塩浜地区に居住する、主として中高年以上の人に見られる気管支喘息。この地域の大気が工業団地から排出される高濃度の硫黄酸化物によって汚染されることに起因する。1972年(昭和47)公害病に認定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

四日市喘息
よっかいちぜんそく

大気汚染による代表的な公害病の一つである。
 1962年(昭和37)ころより三重県四日市市に喘息様の病気が多発した。一方、1960年から四日市市の臨海工業地帯の大規模な石油コンビナートが生産活動を開始し、大量の亜硫酸ガスを排出した。三重大学医学部公衆衛生学教室の吉田克巳(かつみ)(1923― )らはこの喘息様疾患の原因について調査を行い、患者の発生地区がコンビナートの亜硫酸ガス排出源の風下であって亜硫酸ガスの着地点でもあること、亜硫酸ガス濃度と喘息発作との間に高い相関があることなどを明らかにし、この疾患の多発はコンビナートから排出される亜硫酸ガスによると結論した。また、喘息のほかに感冒、扁桃(へんとう)炎、結膜炎なども亜硫酸ガスの汚染地域に多く発生した。これらの疾患は、中近東系の硫黄(いおう)含量の多い重油から低硫黄重油への切り換え、脱硫装置の設置、60メートル級の煙突から150~200メートルの高煙突への変換による亜硫酸ガスの拡散などの対策により、新発生は著しく減少した。
 四日市喘息は四日市公害訴訟としても有名であり、患者側の勝訴に終わったが、この裁判はその後の大気汚染の総量規制、亜硫酸ガス環境基準の改正、公害健康被害補償法の制定などに影響を与えた。[重田定義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の四日市喘息の言及

【疫学的証明】より

…裁判において人の疾病の原因を証明しようとするとき,その原因が病気を引き起こすに至る過程のすべてを詳細に立証することができれば,最も直截な証明となる。しかし,たとえそのような直接的な証明が十分でなくても,多くの患者の発病状況や生活環境を調べることによって,その疾病の原因が間接的に推認できる場合がある。このような証明方法は,疾病を集団現象として観察することによってその原因や感染経路を明らかにしようとする疫学の方法を,裁判上の証明に応用したものであるから,疫学的証明と呼ばれる。…

【公害】より

…原因が究明されても,責任が確定するには長年月かかる。水俣病は17年,四日市喘息は12年かかっている。責任が確定しても,救済が完全に行われるとは限らない。…

【公害裁判】より

… 日本では,公害被害が深刻であり,死者を含む重大な健康被害を引き起こした事件が少なくない。そしてそれらの被害の損害賠償が問題とされた裁判事件のうちで,富山イタイイタイ病事件,新潟水俣病事件(阿賀野川有機水銀中毒事件),熊本水俣病事件,四日市喘息事件は四大公害裁判と呼ばれることがある。しかし,農業被害の損害賠償が請求された事件をたどれば,古く1916年に大審院で判決があった大阪アルカリ事件などにさかのぼることができる。…

※「四日市喘息」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四日市喘息の関連キーワード日本の医学史(年表)大気汚染防止法イタイイタイ病三重県四日市市四大公害裁判四日市(市)工業団地環境問題住民運動公害訴訟

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四日市喘息の関連情報