コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家環境政策法 こっかかんきょうせいさくほう National Environmental Policy Act of 1969; NEPA

2件 の用語解説(国家環境政策法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国家環境政策法
こっかかんきょうせいさくほう
National Environmental Policy Act of 1969; NEPA

1970年1月1日アメリカ合衆国で発効した「1969年国家環境政策法」をいう。目的は,(1) 人間とその環境の間に,生産的で快適な調和を助長する国家政策を宣言すること,(2) 環境と生物圏に対する損害を防止または除去して,人間の健康と福祉の増進のための努力を促進すること,(3) 国にとって重要な生態系と天然資源への理解を深めること,とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

国家環境政策法【こっかかんきょうせいさくほう】

1969年に米国が制定し,1970年1月1日に発効した環境アセスメントに関する法律。その目的は,1.人間とその環境との間に豊かで快適な調和を増進する国家的政策を宣言すること,2.人間環境と生物圏に対する損害を防止し,または除去し,人間の健康と福祉を増進するための努力をすること,3.国民にとって大切な生熊系と天然資源に関する理解を深めること,の三つ。
→関連項目四大公害訴訟

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の国家環境政策法の言及

【環境アセスメント】より

…この制度は,まずアメリカで制度化された。
[諸外国]
 アメリカでは,1969年に〈国家環境政策法National Environmental Policy Act〉(NEPA)が制定され,人間環境の質に著しい影響を与える主要な連邦政府の活動につき,代替案の検討を含む環境影響評価書environmental impact statement(EIS)の作成と公表,それに対して住民が意見を提出するなどの住民参加手続を政府に義務づけ,これについての違反行為に対し住民からの差止訴訟を認めている。なおNEPAの対象となる政府活動は開発行為に限られず,私鉄運賃の認可,核施設輸出プログラム,補助金の交付等も該当する。…

※「国家環境政策法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国家環境政策法の関連キーワードマスキー法トリガー価格アースデー国貨台湾関係法公認会計士の日納豆の日雅の日琉球王国建国記念の日米国の台湾向け武器売却

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国家環境政策法の関連情報