困学紀聞(読み)コンガクキブン

世界大百科事典 第2版の解説

こんがくきぶん【困学紀聞 Kùn xué jì wén】

中国,南宋王応麟(おうおうりん)の著。20巻。経学史学,諸子学,文学,天文地理学,制度などに関する考証を集める。その博学は宋代随一とうたわれ,清朝の学者から崇敬を受け,この書の注を書く者があいついだが,翁元圻(おうげんき)が《翁注困学紀聞》を著し,それらを集大成した。王応麟は,ほかに歴史家の珍重する《玉海》204巻,上に数のついた(五岳,三皇など)語の定義集《小学紺珠(かんしゆ)》10巻など,膨大な著述を残している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こんがくきぶん【困学紀聞】

中国、南宋の学術書。二〇巻。王応麟おうりん著。1325年刊。経書から詩文・地理に至るまで広い範囲の事物について考証・論評したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こんがくきぶん【困学紀聞】

中国の考証学書。二〇巻。宋の王応麟(おうおうりん)撰。元の泰定二年(一三二五)刊。易、詩、礼記、春秋、論語、経説、天道、地理、考史などに分類して、考証を行ない、論評を加えたもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android