コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

困学紀聞 コンガクキブン

世界大百科事典 第2版の解説

こんがくきぶん【困学紀聞 Kùn xué jì wén】

中国,南宋王応麟(おうおうりん)の著。20巻。経学史学,諸子学,文学,天文地理学,制度などに関する考証を集める。その博学は宋代随一とうたわれ,清朝の学者から崇敬を受け,この書の注を書く者があいついだが,翁元圻(おうげんき)が《翁注困学紀聞》を著し,それらを集大成した。王応麟は,ほかに歴史家の珍重する《玉海》204巻,上に数のついた(五岳,三皇など)語の定義集《小学紺珠(かんしゆ)》10巻など,膨大な著述を残している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こんがくきぶん【困学紀聞】

中国、南宋の学術書。二〇巻。王応麟おうりん著。1325年刊。経書から詩文・地理に至るまで広い範囲の事物について考証・論評したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

困学紀聞の関連キーワード全祖望学術書中国詩文経書事物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android