経史子集(読み)ケイシシシュウ

大辞林 第三版の解説

けいしししゅう【経史子集】

漢籍の分類法。経書・史書・諸子・詩文集の四部に分けるもの。「隋書経籍志」に始まる。四部分類。 → 四庫

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経史子集
けいしししゅう

漢籍の分類に用いられる四部分類。経部は古典(経書のほか小学すなわち文字言語学を含む)、史部は歴史(史書のほか書目・金石(きんせき)など)、子部は思想(諸子のほか科学・芸術・仏道など)、集部は文学(詩文集のほか評論・俗文学)。四部分類は清(しん)朝の四庫全書で確立した。わが国『東方文化学院京都研究所漢籍目録』(1938)で、細部が修補され叢書(そうしょ)部が付されたものが規範となり、今日広く用いられている。[近藤光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けい‐し‐し‐しゅう ‥シフ【経史子集】

〘名〙 漢籍の分類法である四部分類の名称。経書、歴史書、諸子類、詩文集をいう。「隋書‐経籍志」から始まる。また、転じて、漢学。
※随筆・独寝(1724頃)上「三浦、茨木のあるじの、経史子集にこころをよすると、儒者のどうらく成と同じことにてあらんかし」 〔事物紀原‐経籍芸文部・四部〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の経史子集の言及

【四部分類】より

…中国の書物の分類法。経,史,子,集の4部に分ける。経部は,四書五経など儒家の経典とその注釈書および字書,韻書など語学書,史部は,歴史関係書で地理も含める。…

※「経史子集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android